2007年11月03日

'07/10/7(日)中奥川戸倉谷

一緒に行った人
 O熊さん、Y口さん、K田(記)

IMGP0825 縮小.jpg
IMGP0838 縮小.jpg

川上村役場下駐車場で前夜泊。
翌朝、現場へ向かうと、中奥川横の道は途中でチェーンがかかっていて行き止まり。チェーンの前には白い犬が3匹。犬達は大はしゃぎや。

第一戸倉谷を水が枯れるまで遡行後、第二戸倉谷に入った。
赤い鉄橋の下にペンキが垂れまくっていた。

下山がおもろかった。
まずは赤い鉄橋を右岸側に渡って道をたどる。
ロープは張ってあるが道は山抜けしている。しばらく行くと、壊れかけの梯子がかかっている。
T田氏からの情報、うろ覚えだが「そま道をたどると道は崩壊していて とてもたどれない。モノレールをみつけて それ沿いに降りたから簡単に降りれた、道とは逆方向にある」をアテにして、今度は赤い鉄橋を戻って尾根線を1時間半ほどグングン登るが いけどもいけどもモノレールは見えない。
再度、右岸側の道に戻り、山抜けすぎて梯子を降り、急なところを道っぽいところをたどっていくと、鉄橋から50分ほどで戸倉谷出合に降りてきた。案ずるより産むが易しか。。。

林道に上がってから、二人と別れて、チェーンより先にも車で廻ってこれるか確かめようと 上の道をたどってみた。
遠回りすれば車でも崩壊箇所は越せそうや。
が、途中、道から外れて近道で駐車地へ降りようとしたが、最後が崖というかきりとおしの道の壁で ロープも所持してなかったので降りられず、また、戻って、そのまま瀬戸集落のトラバース山道をたどっていく。どんどん暗くなってくる。あー、待たせたら悪いなー。。。
やっとこさ、瀬戸集落下流側の車道に出て、走って降りていくと、途中で迎えに来たO熊さんの車と出くわした。1時間半ほども待たせてしまった。すんませーん。

遅なったんで温泉にも寄らず、リッチコースで家まで送ってもろた。

(写真は全てO熊さん提供)IMGP0823_TCY?X.JPG
IMGP0824_TCY?X.JPG
IMGP0826_サイズ変更.JPG
IMGP0827_サイズ変更.JPG
IMGP0828_サイズ変更.JPG
IMGP0829_サイズ変更.JPG
IMGP0830_サイズ変更.JPG
IMGP0831_サイズ変更.JPG
IMGP0832_サイズ変更.JPG
IMGP0833_サイズ変更.JPG
IMGP0834_サイズ変更.JPG
IMGP0835_サイズ変更.JPG
IMGP0836_サイズ変更.JPG
IMGP0837_サイズ変更.JPG
IMGP0839_サイズ変更.JPG
IMGP0840_サイズ変更.JPG
IMGP0842_サイズ変更.JPG
IMGP0843_サイズ変更.JPG
IMGP0844_サイズ変更.JPG
IMGP0845_サイズ変更.JPG
IMGP0847_サイズ変更.JPG
IMGP0848_サイズ変更.JPG
IMGP0849_サイズ変更.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック