2007年11月12日

11月11日(日)   美山 大段谷山795m   参加者、梶谷(レポ)

 やっぱし山はいいもんだドコモ提供

仕事が忙しく、三ヶ月ぶりに山旅をしました。
佐々里峠に車を停めて
早々に歩き出す。

紅葉は旬を過ぎたよう・・・
風に舞い散る艶やかな木の葉たち
秋という季節が
終焉を迎えようとしていた

小野村割岳との分岐までは
現在地を把握してたものの
地形がなだらかな上に
三ヶ月のブランクが出てしまう

気の焦りか
今、自分が置かれている地点を
先へ先へと判断していた。

下界の家屋と橋・北隣の山の連なりから
現在地がわかったのは
コンター744m峰の下り。

すぐさま引き返し
大段谷山の山頂に到達したのでした。

さすが芦生の森!
二次林ではあるけれど
最高の自然林でした。

下山にかかりましたが
このまま帰ってしまうのも
勿体ね〜ので
品谷山へ足を向けた。
歩いてる最中、
道迷いの
きれいな女性を
やさしくエスコートしてやり
男前の一片を
垣間見せてしまうひと幕も
ありましたな。

お詫びもうやだ〜(悲しい顔)

今回の山行は
ワテ、じ〜様になってきたせいか
カメラを忘れてしまいましたがなわーい(嬉しい顔)
申し訳ありましぇ〜んダッシュ(走り出すさま)





posted by 飄逸沢遊会 at 17:05| Comment(4) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カメラ忘れたら、男後やんか!
晩秋の芦生を写しにもう1回、行っといで!

きれいな女性て、きっと狐の化女やわ。
Posted by 男前さんの知り合いのワニ at 2007年11月12日 17:37
女狐に化かされた!馬鹿にされた?
男前で〜す。
ワテ、やっぱし大好きなんは
○○さん!しかおらんけんね。
Posted by 男後じゃけんの〜 at 2007年11月13日 19:21
品谷山から東の尾根は20年ほど前は猛烈な笹薮でした。廃村八丁、品谷峠、品谷山と上がっても引き返すほかありませんでした。生徒と一緒に行ったときに突っ込んでみたこともありますがあきらめて引き返しました。
いつのころからか笹がなくなってしまい快適な自然林の尾根に変わっていました。ダンノ峠からの尾根は周回ルートになっているようですね。
県境の権蔵坂にあるプレートに八丁〜佐々里峠〜櫃倉谷〜権蔵坂というルートが若狭に抜けるために使われていたと書かれています。
Posted by 田中 at 2007年11月20日 08:09
昔は笹薮だなんて信じられないですね。それでも品谷山の東斜面には、まばらな笹薮が残ってました。
Posted by 梶谷 at 2007年11月21日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック