2005年10月19日

金毘羅山 岩トレ日記 梶谷幸生

0510kaji-bibiri.jpg0510kaji-birei.jpg0510kaji-gaterock.jpg0510kaji-pyramid.jpg0510kaji-shuugoo.jpg
 ワテ、来週、滝洞谷に行くことになっちょるのに、まだまだ調整不足で〜す。先週の木曜日、職場でコケて捻挫はするし、日曜日は、仕事で岩トレもできましぇんでした。「ウゥ〜」
残り少ない日々を有効に活かすため、今日は頑張らんと・・・
 今日は「ゲート・ロック」から始まりました。もちろん、ワテがリードで〜す。ナッツとカムを使いまくって順調に登ります。でも、まだ体はぎこちない感じ。ザイル・ワークにも無駄な動きが目立つ。続いて「ピラミッド」。またまた、ワテがリードで〜す。上部の核心部で緊張しましたが、何とか登りきりました。本調子まで、あと一息と実感しました。次の「ホワイト・チムニー」に向う途中、岩場をトラバースしちょると、目の前の岩の上にある土穴からスズメバチが出てきて、思わず「ギョエ〜!」。蜂に刺さされんでよかったで〜。肝冷やしましたがな〜。 
 「ホワイト・チムニー」は、ともちゃんがリード。紅一点!頑張っちょりますが、経験が浅い分、登ることに精一杯という感じ。でも、積極性が売りの、ともちゃんだから、今に、ワテが「へへ〜」する日も近いうちに来るかも・・・
今日は、マルチ・クライミングの特訓でんな。次は、待ってました!「カルピス」です。カルピスと言えば、「MOKA・ルート」で〜す。森中のオッサンとワテの頭文字からとった記念すべきルートで〜す!今日は、名付け親の一人、ワテが登りま〜す。中盤の核心部であるハング気味の岩を乗り越える所で、ワテ、大チョンボをしてしまいました。ピンにヌンチャクをかける際、ハンマーの結んであるヒモも一緒にセットしてしまいました。ワテ、上手い具合にハングを乗り越えたのに、また下りて、ピンのかけ直しで〜す。「みじめ〜」その後、ハングに再挑戦したものの、ムーブがバラバラで今度は、力勝負をしてしまいました。「あきまへんな〜」
 次の「ベビー・フェイス」は、ともちゃんが、リードをして、最後のルート、「びびり」にやって来ました。リードは、ワテで〜す。右に岩場をトラバースしてから、立ちこんで上部のガバをもつ所が核心部。ワテ、立ちこんだものの、ガバがなかなか届かなくて、びびりましたがな〜。「びびり」を何とか登り今日の岩トレは終了しました。
posted by 飄逸沢遊会 at 19:27| Comment(6) | TrackBack(0) | '05年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガンバっちょられますね〜!何もやっていないワテが一緒しても大丈夫やろか?
Posted by nakashio at 2005年10月23日 18:46
NKASIOはん!大丈夫!行けまっせ〜!
Posted by 梶谷 at 2005年10月24日 16:11
自分はトレやっといて、他人のことやとおもて、ヨウゆうてくれますナ〜。
Posted by nakashio at 2005年10月24日 17:21
リードでない限り、大丈夫でっせ〜。トップ・ロープで登るんで気楽な気持ちで行かれたほうがエエでっせ〜。
Posted by 梶谷 at 2005年10月24日 18:03
もしも、途中で詰まったら、ワテの特製「沢用ロング・シュリンゲ」で引き上げますけん!安心しといてくだされ〜。
Posted by 梶谷 at 2005年10月24日 18:10
同伴させてもらいアリガトさん。
ミディで気持ちは楽勝。アプローチシューズでルンルン?行きはよいよい帰りが?
とにかく帰りが堪えましたナ〜。
ご苦労サン!
Posted by nakashio at 2005年10月27日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック