2008年03月17日

3月16日(日) 長老ヶ岳916.9m  参加者、梶谷(レポ)

季節やルートを変えるだけで
山の雰囲気は
ガラリと変わるもの
長老ヶ岳が
こんなにも素敵な山だったなんて
ワテ、ビックリしました


雪の稜線

地蔵杉から長老ヶ岳へと縦走しようと
美山町の三埜に入る。
菅原神社前の空き地から見える
稜線は真っ白。
「天気予報では、春の陽気と言っていたなぁ。
雪はしまってないなぁ」と
早々に縦走を諦め
長老ヶ岳に登る事とした。

集落を抜け
沢沿いの林道歩き。
最初は地道だが
やがて残雪が出てくる。

しかし、しまりのない雪道。
ズボズボ足をとられペース・ダウン。
これがホンマの
どツボにはまる

ようやく林道終点。
ここからは
山の斜面のジグザグ登り。
あいも変わらず
どツボ地獄は続く

熊さんの足跡じゃ〜

熊の足跡

高度を上げるにつれ
杉の植林から
ミズナラを主とする自然林へ
尾根に乗ったら
雰囲気最高!

素敵な自然林素敵な自然林

仏主峠を経て
雪屁の残骸を乗り越えて
稜線到達。

なんと稜線には雪がね〜!

雪がね〜!

P.831mを確認後、
長老ヶ岳に向う。

視界には入っているもの
頂上は隠れて
まだ見えてない

長老ヶ岳?

素敵な自然林の道。

ええ〜でんな

イワウチワの群落!
足元、踏まんように
「ゴメンやしゃ!ゴメンやしゃ!」

イワウチワ

いったん林道に出てから
最後の急登。
登るにつれて
残雪が出てきて
しかも雪がしまってきた。
気分は最高でんがな。

白銀の世界

ふり返れば地蔵杉が!

地蔵杉

地蔵杉から長老ヶ岳に続く稜線には
自然林が多く残されている
もう一度
この地に訪れる事になりそうだ。

長老ヶ岳に到着

長老ヶ岳山頂

山頂はパノラマ展望。
青葉山に大江山、弥仙山。
遠くには愛宕山や比良山系の山々が見えた。

誰もおらん
静かな雰囲気を満喫した後
元来た道を下りる。

着替えをしてから
美山町の蕎麦どころ
「もりしげ」にて
茶蕎麦を食べて帰阪。


○コース・タイム 三埜8:01・・・稜線到達11:00・・・長老ヶ岳12:00〜12:27・・・稜線から下山開始12:50・・・三埜14:07







posted by 飄逸沢遊会 at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クマの花子ちゃんと太郎君に会えたん??
ワニにならんで良かったね。ハハハ
Posted by 坪姉 at 2008年03月18日 13:50
今回、鈴を付けて歩いたんで
花子もさくらも一郎も
顔を出してくれまへんでした。
ワニはんみたいに
雪にうずもれ
モグラにならんで
よかった!よかった!
Posted by 男前 at 2008年03月18日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック