2008年04月26日

4/25 京都北山 ミゴ谷〜経ヶ岳 田中

 経ヶ岳には東側の平良、桑原から上がる道がある。西側の久多から上がる道はガイドには載っていない。
ミゴ谷から入って経ヶ岳に廻る事にした。
経ヶ岳とイチゴ谷山の間の区間は歩いたことがなかったのでこれで三国岳からの尾根が全部つながった。西面からのルートも見つかった。

地形図 久多

ミゴ谷出合(バイク駐車地)発 11:15
左岸2本目の沢着 11:35(昼食)/発 12:10
稜線(770m) 13:15  
県境尾根分岐(870m)着 13:35/(イチゴ谷山往復)/発 14:20
経ヶ岳 15:20 南尾根分岐 15:25
ミゴ谷に下り立つ 16:35
バイク着 16:40 
 もっと北のほうに行くつもりだったが家を出るのが遅かった。京都市内の通過で時間がかかった。坊村で既に10時になっていた。久多から大黒谷の林道に入り、鎌倉山から峰床への尾根の周辺をうろうろしようと方向転換をした。林道のゲートの前まで行くと車が止まっている。もう誰かが入っているというのが分かった段階で自分も入るという気持ちがなくなってしまった。久田川に沿って北に行く事にした。由良川大谷2ボケのブナを見に行こうと考えてバイクを走らせていたがミゴ谷の出合で滝を見てみようという気持ちになった。谷に入ってすぐの二又に滝がかかっている。いつもは林道から見るだけで谷の中に入ったことはない。滝は左又にかかっている。前まで行くとかなり大きい。上の方にも滝が続いているのが分かる。滝の両側は自然林になっている。それほど難しくはなさそうだ。右又は穏やかな谷である。植林があるが荒れた谷ではない。踏み跡が上の方に向かって続いている。この道をたどってみようときめた。バイクに戻って支度をして歩き始めた。11時を過ぎてしまっていた。
 右側から入ってくる支沢の2本目のところで休憩をした。荷物を置いて沢の両側斜面を調べる事にした。どちら側も上れそうに見える。本流はこの上流で左にカーブし、薄暗い感じになりかけている。支沢の左岸についている仕事道をあがる事にした。650mまで植林が続く。そこで谷が消滅して右岸側の斜面と合わさってしまう。右岸の方はもっと下の方から自然林になっているようである。上から覗き込むと気持ちのよさそうな斜面が広がっているのが見える。
 13時15分稜線に出る。685mピークから県境につながる尾根である。弱い踏み跡がある。こぶしの木の多い尾根で白い花がよく見える。県境にはよく踏まれた道がある。テープも多い。でも平凡な尾根であまり感慨は沸かない。
 イチゴ谷山の斜面は雪のときに一度下りようとしたことがあった。そのときは植林の中のぼこぼこの雪でイヤになり、あきらめて頂上から平良に下った。
 ジャンクションピークから経ヶ岳の方に向かって尾根をたどる。鞍部付近一帯は伐採の済んだ新しい植林地でしかよけのネットが張ってある。倒れたネットが道の上にかぶさっていて歩きにくい。ネットに角を絡ませて死んだ鹿の骨があった。背骨にはまだ肉片が付いていたから新しいものである。角付きの頭骨を持って帰ろうかなとも思ったが絡まっているネットをはずす手間をかけようという気がしなかった。前に拾ったものに比べて角が小さかったので持って帰りたいという気にもならなかった。
 ミゴ谷の源頭部で谷に下りようという考えも浮かんだがとにかく経ヶ岳の頂上に上がってから下山は考えようと思い直した。50mほど急な斜面を登ると平坦になる。そこから南尾根が分岐している。頂上からは西尾根が分岐している。どちらから降りるか迷ったが南尾根で降りる事にした。ミゴ谷二又の滝のあった方の谷の左岸尾根である。降りるにしたがって右下に見える谷にブナが目立つようになった。ブナの芽生えの新緑は他の木にはない鮮やかさがある。鮮やかな薄い緑がやわらかく見える。
 この尾根にはテープがほとんどない。南尾根への入り口からしばらくあったテープが忽然と消えてしまう。降りていくうちに自信がなくなってつけることが出来なくなるのだろうと思う。引き返えしているのかもしれない。イチゴ谷山で会った人に西尾根か南尾根で下りるつもりだと言うと「あの尾根ではよく迷う人がいます」という返事を貰った。
 沢の流れが左に見えたところで急斜面を下ると二又の少し上流に降り立った。

 左又の滝がどこまで続いているかは分からないが谷をつめて上がるととブナの中に入っていくのではないだろうかと予想している。
posted by 飄逸沢遊会 at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本文中に「コブシが多い」と書きました。
でもコブシだったかタムシバだったかは分かりません。どちらもモクレン科でよく似ています。
http://momonatu.blog5.fc2.com/blog-entry-884.html
Posted by 田中 at 2008年04月28日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック