2008年04月30日

4月29日 宝剣岳2931m   参加者、大熊・梶谷(レポ)

まさに岩と雪の世界!
宝剣岳の登りは緊張しましたで〜!


宝剣岳

山行を終えて

駒ヶ岳ロープ・ウェイに乗って、
千畳敷に着くと
あたり一面、銀世界

千畳敷

千畳敷カールを登って

千畳敷カール

千畳敷カール

乗越浄土の到着。
稜線は強風が吹き荒れちょりました。

乗越浄土


中岳と宝剣山荘

中岳と宝剣山荘

この時期は
木曾駒ヶ岳に登る登山者ばかりで
宝剣岳に足を向けるのは
ワテと大熊さんだけ・・・

準備を整え、
宝剣岳に向う。

山頂手前には
壁のような斜面
天気がよく谷底が丸見え・・・
これが、ホンマの奈落の底。
キック・ステップで直登したり
トラバースしたり
怖かった〜!

宝剣岳の頂上に着いて
「ほっ」としましたで

宝剣岳にて、「ハイ!ポーズ」

ガッツ・ポーズの大熊はん

山頂からはパノラマ展望!

北には、木曾駒ヶ岳や中岳が

木曾駒ヶ岳と中岳

東に伊那前岳

伊那前岳

また、北西には三ノ沢岳が

三ノ沢岳

そして、南には横尾岳や空木岳が見渡せました。

横尾岳と空木岳

東からガスが流れてきそうなので
極楽平へ縦走開始

鎖や残置の杭はあるものの
サルギルの頭からの下りは

サルギルの頭

キック・ステップを使っての
雪壁の長い下降をしてから
トラバースせにゃあかんトコがあって
いやらしかったです。

無事、極楽平に到着したものの

極楽平

あたりはガスの中に入ってしまいました。

昼霧よ!今日は、ありがた迷惑じゃ

後は、千畳敷に下りるだけ
尻セードをまじえて
山行を終えました。

千畳敷へ

途中、
「こまくさの湯」に立ち寄って
山行の汗を流し帰阪しました。




○コース・タイム   駒ヶ岳ロープ・ウェイ千畳敷駅9:15・・・乗越浄土10:05〜10:30・・・宝剣岳11:03〜11:30・・・極楽平12:14〜13:00・・・駒ヶ岳ロープ・ウェイ千畳敷駅13:21


○地図 2万5千分の1 「木曾駒ヶ岳」 
posted by 飄逸沢遊会 at 19:38| Comment(1) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1枚目の写真にロープと○の中に×の印の看板が写っています。
雪崩危険地帯、立ち入り禁止ということでしょうか。
千畳敷カールでは雪崩事故がよく起こっていますね。
Posted by 田中 at 2008年05月03日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック