2008年05月08日

5月2日N〜5日 鹿島槍東尾根       ブルーと白とごっつい岩         参加者 上健(L)・Y田・しお(レポ) 

080508-shioyama-001.JPG
2日の深夜京都駅に集合し交代で運転しながら早朝大谷原Pに着。すでにかなりの車が止まっており、テン場があるか心配・・
shio-5.JPGshio-7.JPGshio-1.JPGshio-2.JPGshio-3.JPGshio-4.JPG
1日目(3日)雲一つない快晴・風なし
少し林道を歩き目印の赤布から登りはじめるが、すぐに藪が現れ1時間ほどの藪こぎ。尾根に出ると雪になるが気温が高くシャーベット状の歩きにくい雪・・・ほどなく一の沢の頭に着く。気持ちよさそうテン場だが、明日のことを考え先に向かう。1時間程で二の沢の頭に着、すでに8張りほどのテントがあったが平らなところにスペースがあり苦労しなくてすむ。目の前に広がる明日の核心部を見ながら少々イメトレ・・・
大谷原P(7時)---取付(7時30分)---一の沢の頭(10時50分 11時15分)---二の沢の頭(12時30分)泊
2日目(4日)雲一つない快晴・風なし
3時起床5時に出発したが、すでに3分の2位のテントがなくなっている。少々出遅れたか・・・急斜面を登りトラバースをし第一岩壁に着。2パーティが順番待ち、岩が脆いためか落石が多くヒヤッとさせられるが登攀は楽な岩場。第2岩壁へはまたまた急な登りとトラバースだがステップがしっかり有るためさほど苦労しなくてすむ。30分ほどで第2岩壁の取り付きが見えてきたが!!!少しは予想していたことだが行列が出来ている(誰か整理券を配ってくれ)2時間40分町で順番が回ってきた。今回最大の難所で期待と不安が入り混じった気分。無事乗り越え冷池へ向かい4時頃着、本日の行動11時間少々疲れ気味
2の沢の頭(5時)---第1岩壁(6時30分 7時50分)30分待---第2岩壁(8時20分 11時45分)2時間40分待---冷池テン場(16時)泊
3日目(5日)曇り・微風
今日は下山だけなので6時起床8時出発赤岩尾根に向かう。雪崩の危険があるため積雪期コースで下山するが、昨日の緊張が解けたのか、疲れているのか気が入らずかえって危険な感じがする。ぐずぐず雪あり、藪ありで大谷原Pに着いたときにはほっとする。あとは大町温泉郷薬師湯に浸かり3日間の汗と汚れを落とし帰路に・・・
冷池テン場(8時)---赤岩尾根分岐(8時30分 8時50分)---高千穂平(10時10分 10時20分)---大谷原P(14時)  
posted by 飄逸沢遊会 at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パチパチパチパチ。
お3人さん、よう頑張りましたね!!
これも、トレーニングの賜物やね。
お天気に恵まれてようございました。
Posted by 坪姉 at 2008年05月12日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック