2008年05月11日

5/9N-11 白川又川 火吹谷下降 水晶谷遡行(記:kmd)

080511kmd-shirakomata-chokubaku20mF
雨、寒い、焚き火つかへん。予想以上に泳いだ。
写真集
ルート(国土庁 電子国土より釈迦ヶ岳、弥山 改変)
・メンバー
 ONS,TKMT,KMD
・当初の予定
 火吹谷下降 奥剣又谷遡行 口剣又谷出合の少し上流で谷中1泊
・実際の行動
 火吹谷下降 水晶谷遡行 水晶谷出合の少し下流側で谷中1泊
・予定変更の理由
 メンバーの体調変調(吐き気、めまい。寒さが主因?!)
・天気
 天気予報がハズれず、予報どおりに"寒くて雨"。
・帰りの温泉
 洞川温泉
・帰りのオミヤゲ
 たんぽぽコーヒーなど
・帰りのオススメ
 たんぽぽソフトアイス(洞川温泉近くで売ってる)
・水量
 岩の様子などから、白川又川本流で、普段の水量より15〜30cm程度 多いことが推察される。
・前夜のコースタイム
 5/9 21:00 摂津のONSさんち→21:50河内松原駅南口でTKMTさんを拾う→給油→コンビニ→ひたすらR309→24時過ぎ 行者還トンネル西口着
・ONSさんの感想(5/19 19時 記)
 白川又川の赤い壁は、威圧感があり、すごかったな!雨と壁から落ちる水、しんどかったし、さぶかった。やっと体調が回復しビールがやっと飲めるか?今日のんでみます。
・TKMTさんの感想
 今回は雨と寒さの中、泳ぎあり滝登りありと盛りだくさんでした。たき火ができたらなお良かったんですな。
・KMDの感想
 火吹谷出合より上流の白川又川本流の光景を観れたのが嬉しかった。結構でかい斜瀑のすぐ横を登れたのも嬉しかった。水流きついところを勢いつけて対岸めがけて飛び込んだら、頬骨を打ちつけて痛かった。(泡で水中の岩が見えなんだ)
 水晶谷では水晶を見つけることが出来なかった。TKMTさんは「水晶の床、水晶の壁を見た」と連呼。いったい どこに そんなモンが?!幻覚?!
 ONSさんは「寒いの苦手。水に浸かるのは…。」と言ぅてはったのに、さんざん、水に浸からすルートに引きずり込んでしもた。寒い思いさして すんません。もし、水晶谷下降に変更しとったら、奥剣又谷遡行でけたかも。。。とも思うが、やっぱり、水量の多い本流も捨てがたいです。。。
posted by 飄逸沢遊会 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | '08年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かまちゃん、みなさんこんにちわ。
火吹〜水晶おつかれさまでした。
火吹の下降はすんなり出来ましたか?

で、水晶のありか知ってまっせ。
鉱脈があるんですわ〜。ほな。
Posted by なごp at 2008年05月12日 12:24
>なごp
>火吹の下降はすんなり出来ましたか?
はい。すんなり出来ました。
とはいえ、2〜3回、懸垂しましたけど。。。
鉱脈おせーてくだせー。
Posted by KMD at 2008年05月13日 02:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック