2006年11月05日

11/3 台高桧塚奥峰(ヌタハラ林道から)

 参加者  中下、田中、他2
 地形図  七日市(新しい版)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月5日 大峰 行者還岳・弥山・八経ガ岳縦走 参加者、梶谷(レポ)

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 050.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 037.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 122.jpg


何か知らんけど大峰三山を登ってもうた〜
11年越しの弥山登頂は、・・・「う〜ん?」



 ワテ、サタディー・ナイト・フィバーしようと行者還トンネル西口にやって来ましたで〜。ところめが、誰もおらん・・・深夜の沢中を探し回っても誰もおらん・・・
 後で、坪バウアーさんに聞いたところ、宴は金曜日の夜だったちゅう事。
 真夜中、タヌキまで出てきたクソ狭い道を運転してきたのに、このまま帰るのももったいない。そんで弥山に登る事にしやした〜。
 
 ワテ、ぐっすり寝てから出発しようと思っちょりましたが、大峰の朝は早い!
 早朝から車の外はうるさくて、ワテ、目が覚めてしまいましたがな。

 早々に準備をしてワテも出発します。登山口には案内板がありました。

 テケテケ尾根を登り稜線に到達。(コンタ1490m)
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 008.jpg
 まずは、行者還岳に向う。この時、ワテ、寝ボケとって行者還トンネルがあるから行者還岳もすぐそばやで〜と地図も見ないで歩き出す・・・
 長かった〜。けんど、人擦れしとらん素晴しいブナ林の中を歩けてよかったで〜す。
 
 大峰ブナ林劇場の始まり!始まり!

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 010.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 012.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 014.jpg

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 018.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 017.jpg

「小谷林道」の標識が見えたら、一路、北へ。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 087.jpg

くるぶしまでの高さの笹の中、ブナ林は、まだまだ続く。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 020.jpg
 荒廃した非難小屋がありました。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 023.jpg
 ブナ林劇場は終わらない・・・
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 031.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 035.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 039.jpg

視界が開け、西の方角に弥山が見える。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 037.jpg

ブナ林劇場は途切れない・・・

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 044.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 046.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 048.jpg

行者還岳が近づいてきた。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 050.jpg

そのまま歩いていくと、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 052.jpg

行者還小屋に到着。きれいな建物でんな。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 056.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 057.jpg

 紅葉真っ盛り。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 059.jpg

木のハシゴを登り、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 061.jpg

 下から巻いて稜線に出て、
 南へ引き返すルートで
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 065.jpg
行者還岳に到着。3等三角点(点名、行者還)がある静かな頂上でした。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 067.jpg

 しばし、くつろいでから下山開始。
 北には、七曜岳と国見岳がきれいに見えました。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 069.jpg

 コンタ1490mまで引き返します。
 同じ道でも見る方向によってブナ林も一味違う味わいがありますな。

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 080.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 082.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 086.jpg

コンタ1490m地点まで引き返してきました。
「あれれ〜!」目の前に鉄山が見えとりますがな〜。

弥山に向う道は登山者が多いよ〜で、道幅も広くなってきました。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 090.jpg
 浮石の多い道を登って行くと、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 092.jpg
 弁天の森で〜す。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 094.jpg
弁天の森には、3等三角点(点名、聖宝)が埋設されとりました。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 093.jpg

 ここから先は稜線が広くなだらかになります。
 自然林の中を歩く道。グッドです。

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 095.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 096.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 097.jpg

大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 099.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 100.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 101.jpg

 正面には、弥山が見渡せますが、まだまだ遠いって感じ。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 098.jpg

 聖宝宿跡に到着。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 104.jpg
ここには、理源大師像がありましたで〜。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 103.jpg
 さあ、急登が始まります。
 緑がきれいでんな。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 105.jpg
 登るにつれて、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 107.jpg
 階段が出てきよった〜!
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 109.jpg 
おい、おい!鉄製の階段まで出てきよったやないけ〜。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 111.jpg
 ワテの短い足では、ちと、きつ過ぎるやないけ〜!
 まさに、「階段、生き地獄登り!」でんがな。「ヒエ〜!」

 8歳児とおっさんが、抜きつ抜かれつのデッド・ヒートを繰り広げながら階段道を登って行くと、
 立ち枯れした木立が見えてきました。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 112.jpg
 弥山小屋に到着。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 112.jpg

鳥居をくぐり、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 115.jpg
 立ち枯れした木立の中を歩いていくと、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 116.jpg
 弥山山頂です。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 117.jpg
 山頂には、神社がありました。

11年越しの弥山登頂ですが、ワテ、こみ上げるものがありましぇん。
今から11年前、当時、ワテがおった山の会では、秋に弥山集中登山がありました。その頃のワテにとっては、大峰の山々は途方もない世界で、その日は、弥山には行かず兵庫の山で読図山行をやってました。
その事が、会の会長の逆鱗に触れてしまったのです。
2ヶ月前、扇山で労山系の他の会で単独行の遭難死があったことで、会の締め付けが厳しくなった中、ワテ、皆の前で、会長にボロカス言われたのです。
かばってくれると信じていた○○さんまで他人事の様・・・
まさに、見せしめ。
退会のきっかけになった会長の言葉は、
「丹波の山なんて、地図いるの?俺は、地図なんか持たんでも、どこでも登れるよ!」でした。

 弥山に恨みつらみはないけど、登山道が整備された山じゃなくて、もっと状況判断が必要だったり、プロテクションやザイルワークが必要な山ならワテも納得できたんですが・・・残念です。

 弥山山頂から下りようとすると、南に八経ガ岳が見えちょるではないかいな。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 118.jpg
地図を見たら、弥山とお隣同士じゃあ〜りまへんか。
こりゃ行かにゃ損でっせ。

 弥山小屋から登山道を下って行くと、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 120.jpg
 よ〜く写真でお目にかかる風景が・・・
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 121.jpg
 八経ガ岳がきれいに見えてきましたな。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 122.jpg
 鞍部まで下ってくると、ここも雰囲気いい所。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 123.jpg
 登りにかかるも、オオヤマレンゲ保護のための防護ネットが目立ち始め、大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 127.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 125.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 128.jpg
 ワテ、興ざめ。
 頂上手前は、またまた階段が出てきましたで〜。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 129.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 131.jpg
 八経ガ岳に到着で〜す。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 132.jpg
 2等三角点(点名、弥仙山)を探すも三角点が見つかりましぇん。
おそらく、この中にありそ〜ですが、バチがあたったらあかんので
今回は断念することに。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 133.jpg
 八経ガ岳の頂上からは、
 北に弥山が、
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 134.jpg
 南には、仏生ヶ岳から孔雀岳、釈迦ヶ岳に続く稜線が見えました。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 135.jpg

下山にかかります。元来た道を戻る。

弁天の森を過ぎてから、石休場宿跡に到着です。行きは見逃したポイント。大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 142.jpg
 コンタ1490mまで来ると、後は一気に子尾根を下るだけ・・・
 紅葉がきれいでした。
大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 002.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 003.jpg大峰 行者還岳、弥山、八経ガ岳 004.jpg

紅葉を眺めながら子尾根を下り本日の山行は終了したのでした。


○コース・タイム  行者還トンネル西口6:32・・・稜線到達(コンタ1490m)7:13・・・荒廃した避難小屋7:45・・・行者還小屋8:52・・・行者還岳9:17〜9:24・・・行者還小屋9:45・・・荒廃した避難小屋10:39・・・コンタ1490m11:07〜11:15・・・弁天の森11:26・・・聖宝宿跡11:47・・・弥山小屋12:25・・・弥山山頂12:28〜12:31・・・弥山小屋12:34・・・八経ガ岳13:03〜13:16・・・弥山小屋13:34・・・聖宝宿跡14:04・・・弁天の森14:22・・・石休場宿跡14:28・・・コンタ1490m14:35・・・行者還トンネル西口15:03



○地図 2万5千分の1「弥山」
 


















posted by 飄逸沢遊会 at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

11月3日(金・祝)AM〜4日 キノコ狩り&紅葉ハイク&焚き火&鍋山行

行った人。樋上さん、山本さん、山口さん、梶原さん、三山さん、中山さん、大坪(記)
延期になっていたキノコ狩り、連休を利用してキノコ狩り&鍋山行に。紅葉ハイクも加わって、楽しい焚き火山行となりました。

キノコ狩り 042.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月3日-4日 茸狩り

参加者:樋上代表、中山、三山、大坪、山本、梶原、山口(レポ)

鎌田氏と行く予定だった野江股谷遡行のキャンセル連絡を代表に電話した際に茸狩りに誘われ、参加させていただくことにした。
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

10月29日30日 吉野川本流 黒石沢

参加者 上田健 古庄(記)

黒石沢はスイスイ遡行するも、黒石岳からの下山でタイムオーバーになり、ビバークするの巻。

061102-furu-009滝.JPG続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

10/29N〜11/1 奥美濃 金ヶ丸谷 田中

 金ヶ丸谷でテント2泊。周辺うろうろ。
 全山紅葉。三周ヶ岳北尾根の薮は地獄。

 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

奥美濃 蕎麦粒山1296.7m 「みやま谷遡行」 参加者、ダンディー川添、大坪、梶谷(レポ)

 
秋の優雅な「みやま谷」逍遥
 けんど、胸まで水につかってしもうたやないけ!

奥美濃、蕎麦粒山 068.jpg

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:06| Comment(5) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

10/21-22京都北山由良川周辺 田中

 金ヶ丸谷に行くつもりで代表に届けを出したが寝過ごしてしまい、行き先を変更した。一年ぶりのテント山行である。脳血栓で入院してから泊まりに心理的なハードルがあった。「どんなところでも良いからとにかく踏み出さないと!」と思っていた。
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/21N-22 南紀・大倉畑谷

行った人 樋上さん、三浦さん、川添さん、山本さん、梶原さん、中山さん、葛西さん(入会体験)、大坪(記)
入会体験の方を交えて、南紀・大倉畑谷へGO!。
例のクネクネ道をガンガン走って、本宮道の駅に2台が深夜に集合。
妖しい宴会が繰り広げられるのです。
大倉畑谷 007.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥美濃 高丸1316.3m「鳥ヶ東谷遡行とオオイワ谷下降」 参加者、梶谷(レポ)

久しぶりに手ごたえのある山に登ったぜぃ!
奥美濃の一級品のヤブ漕ぎはエラカッタ〜。

鳥ヶ東谷 209.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

ハチース谷、杣谷、摩耶東谷遡行 武田単独

阪急六甲で降り護国神社までバスに乗り、長峰霊園を奥まで進み、堰堤をひとつ巻くとそこにハチース谷気象観測所が。ハチース谷であると確信。狭い谷で、ミニジャングルみたいだ。裸子植物がいっぱい茂ってる。しばらくいくと監視カメラの残骸がある。
img232.jpgimg233.jpg
しばらくいくと12Mくらいのいい感じの滝がでてきました。
img234.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

10月15日 奥美濃 三国岳1209m 「大樽尾谷左俣遡行」 参加者、梶谷(レポ)

 奥美濃、三国岳 119.jpg

大樽尾谷遡行核心部!086.jpg三国岳 山頂にて109.jpg夜叉ヶ池 135.jpg
 
 
 今年は、○年越し山行をよくやってる。福知山の三岳山が11年越し、若狭の飯盛山が10年越し、ポンポン山が12年越し(撤退)、奥美濃の小津権現山が7年越し、そして三国岳が8年越しの思いがかない今日の登頂となりました。

 坂内川支流の池ノ又谷と大樽尾谷が合わさる地点前にかかる橋の近くに車をとめる。今日は、大樽尾谷林道終点から大樽尾谷左俣を遡行し三国岳に登るのだが、林道を見ると出だしから山崩れのため通行不能・・・もう何年もほったらかしにされているのか草ボウボウ状態である。
大樽尾林道入り口 002.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 17:41| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

10/13(金)夜〜15日(日)舟の川ミツクラ谷

一緒に行った人。鎌田氏、武田氏、山本氏、梶原氏、大坪(記)
記録など詳しく鎌田さんのブログへGO〜。

ミツクラというクラが見ものや!!という言葉に魅力を感じて参加した。
難しいらしいようなことは耳にしたけど、深く考えずに
皆と一緒に、紅葉と谷を安全に楽しめたらいいな と思った。
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十津川・果無(はてなし)・十二滝谷

参加者 樋上代表、川添、原、古庄(記)

・十二滝谷は、樋上代表が執筆中の「南紀の沢」の最後の取材(写真撮影)先として、10月1日に計画。

・しかし前回は登山口まで行ったものの、雨のため中止。
(前回は、参加者8人中、“雨ニモマケズ”やる気満々だったのは鎌田さんだけ。当然の成り行きで温泉ツアーに計画変更。)

061015furu01十二滝近影.JPG

・今回はメンバーも入れ替わり、青空のもと、出直し山行となった。

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

10月6日N-9日 立合川 参加者:鎌田、山口(レポ)

061008-yamaguti-001.jpg
去年、初日にアバラを折って引き揚げた立合川の再挑戦。
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:29| Comment(3) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

10/6N-9 立合川

posted by 飄逸沢遊会 at 21:37| '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥美濃 小津権現山1157.8m「藤波谷撤退その後」参加者、梶谷(レポ)

 小津権現山 頂上028.jpg御嶽山023.jpgブナ林 017.jpg
 今日は藤波谷を遡行して小津権現山に登ろうと藤波谷出合にやって来ましたで〜。
藤波谷出合 001.jpg
 いざ出発と言いたいトコですが「ゲェ〜!ワラジを忘れてしも〜た・・・」
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

若狭 庄部谷山856.1m「耳川支流横谷川・庄部谷遡行」 参加者、梶谷(レポ)

庄部谷山 065.jpg 庄部谷山のブナ林 060.jpg庄部谷山 041.jpg

クマに鹿とブナ林!自然豊かな庄部谷山。エカッたよ〜
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:42| Comment(6) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

9月23日-24日前鬼川孔雀股谷右股(その2) 

参加者上田健さん、山口さん、古庄(記)

山口さんレポートの続編です。

エメラルドグリーンの淵や釜が本当に素晴らしい沢でした。

060926-furusho-000エメラルドグリーンの孔雀股.JPG続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 05:13| Comment(3) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする