2014年07月08日

6月3日4日栗平川水無谷(大峰)

6月2日夜発3日4日、沢中1泊
メンバー、大西、横田
栗平川下流部より土砂ダムにより入れないので釈迦が岳登山口より下降し大滝下の良い幕営地でのんびりと過ごす予定で(天候がくずれるようなので当初の予定池郷川冬小屋谷より変更。)出発続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

㋄27日 中奥川向流谷(台高)

5月26日夜発27日、日帰り 中奥川向流谷 
メンバー、武田L、大西
武田氏の案で白笠の滝で体を清めに行くとのこと続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

5月12日13日 前鬼川孔雀又左谷(大峰)

5月11日夜発、孔雀又左谷より孔雀岳
メンバー、大西・横田・会員外1名(中井)12日13日沢中1泊(当初計画は12日13日14日沢中2泊)

P5141455.jpg

P514146404.jpg






続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

2014年6月29日 南葛城山 サカモギ谷 (大阪)

参加:K野、幕内(記)、NS村
天候:晴れ!!

大阪にこんなゴルジュがあるなんて!
垂涎の小滝連瀑!!
めっちゃ興奮しました!!
IMG_1424 (800x600).jpg IMG_1432 (800x431).jpg IMG_1436 (800x600).jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

2014年6月15日 神童子谷から犬取谷 (大峰)

[参加者] S野、幕内(記)、NS村、会員外1名
[天 候] 晴れ時々曇り

 ガイドブックの表紙写真に、魅せられ憧れていた神童子谷へ行ってきました!
IMG_1412 (800x451).jpg
 デジカメのバッテリー切れの為、あまり写真が無いですが、釜滝は非常に美しかったです。
黒い岩肌に二条の白い滝がかかり、落ち口の上方には黄緑色の木の葉が生い茂っていました。

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

2014年6月15日  岩谷〜大谷〜三ボケ(芦生演習林)

参加者: 谷崎 ・ 米田 (記)


芦生の谷と尾根の周遊コースを歩いてきました!

岩谷〜大谷〜三ボケ.jpg


初夏の芦生は花盛りでした。
コアジサイ・ウツギ・ササユリ・ギンリョウソウ・サルメンエビネ・
ショウキラン・ツルアジサイ・・。



歩きはじめはガスの中〜古屋・保谷林道ゲート
s-P6150087.jpg

いにしえの峠道・岩谷峠〜いい雰囲気やね
s-P6150095.jpg

岩谷の源頭部を振り返る
s-P6150097.jpg

緑潤美渓!
s-P6150110.jpg

岩谷出合は花盛り
s-P6150113.jpg

由良川を下る(岩谷出合〜ツボ谷出合〜大谷出合)へつりの連続
s-P6150116.jpg

穏やかな流れも
s-P6150130.jpg

大谷の渓畔
s-P6150138.jpg

三ボケ〜二俣に聳える大桂
s-P6150159.jpg

帰りの保谷林道にて
s-P6150173.jpg



溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55068082.html
















posted by 飄逸沢遊会 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

2014年5月17日   岩本谷〜バリゴヤノ頭(大峰)

参加者: TN崎  YN田(記)


金剛・葛城方面より大峰山脈を遠望したときに
一際目を引く山容が大日山・稲村ヶ岳である。
特に厳冬の冠雪時に青空に浮かび上がる真っ白なその山塊は、
気品に満ちて素晴らしい。
P5170003.JPG

その稲村ヶ岳へのバリエーションルートとして、神童子谷〜犬取谷、モジキ谷、
岩本谷、クロモジ尾などがあるが、中でも岩本谷は悪場もゴルジュもない比較的穏やかな
明るい癒し渓である。
s-14.5.17バリゴヤノ頭.jpg

昨年、モジキ谷〜稲村ヶ岳〜バリゴヤノ頭を歩いた際にバリゴヤノ頭一帯は
広範囲に渡ってシャクナゲに覆われているのに驚き、
http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/54307635.html
シャクナゲの花季に是非再訪してみたいと思っていた。
今回も男顔負けのバリエーションを単独でこなされているTN崎さんの同行・
案内のもと、このコースを辿ることが出来た。


明るい癒し渓
s-P5170022.jpg

看板で賑わう(>瀑<)水晶谷出合
s-P5170028.jpg

稲村ヶ岳山頂より山上ヶ岳
s-P5170040.jpg

やった! 咲いてる(^^)
s-P5170047.jpg

ドンブリ辻
s-P5170051.jpg

踏跡薄い南谷右岸尾根〜シャクナゲの森を通過
s-P5170072.jpg




山行記録へ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55005748.html
posted by 飄逸沢遊会 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

2014年5月11日 シオカラ谷(台高)

[参加者] MK内(L)、YN田、YM口、野村(記)、ほか1名
[天 候] 晴れ!

 天気に恵まれ、巨大ゴーロも滝もなんのその。台高の岩肌に抱かれて。

     シオカラ谷_140511_122043_67.JPG    シオカラ谷_140511_134941_80.JPG
虹を背に登る気分は爽快(高倉滝)  東ノ滝を前にここまでの登路を振り返る 
 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

2014年5月4日 柏原谷(台高)

[参加者] YS田(L)、YN田、野村(記)
[天 候] 晴れ

柏原谷_140504_131539_40.JPG 柏原谷_140504_144015_43.JPG
     アケボノツツジ           シャクナゲ

 名だたる大きな滝はないものの、沢は楽しめます。ただ、下りは下手をすると苦しみます。
 こちらもいろいろと記憶に残る谷となりました。愛用の黄色い補助ロープ(約25m)を山頂に置き忘れてきてしまったのです。次に誰か行く人いたら、回収してきてくださーい。薄謝進呈!

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年5月3日 ヌタハラ谷(台高)

[参加者] YS田(L)、YN田、野村(記)
[天 候] 晴れ

ヌタハラ谷_140503_112724_068.JPG  ヌタハラ谷_140503_112629_066.JPG
    不動滝の雄姿        山瑠璃草

 花の多い明るい谷でした。先日の雨で水量はやや多めでしたが、この谷にとっては今のこの時期がベストシーズンかも。
 記憶に残る谷となりました。 生まれて初めて蛇に噛まれた〜!
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

矢納谷(大峰)

4月28日夜発29日30日メンバー大西・横田・入会希望 西村、3名
28日夜前夜泊地に到着するも雨模様で沢中泊予定の計画なので予定変更等、思案するも自分やのうは2ヶ月ぶりの山行の上に2日間休日が取れたから雨の中でも沢中泊に行きたく雨の中29日出発、横田さん西村さんに感謝です。
29日AM10時矢納谷出会手前林道駐車地発、出会に到着するもかなりの水量で沢中を避けどんどん巻く赤ナメクチキの滝の足首辺りの水量でも渡渉が怖く滝つぼ側の足場を腰下まで浸かり越えていくコウリンの滝を巻き越へ植林小屋辺りから手先・足先が痛いほど寒くなり早くテンバを探そうとしていると谷が開けてきたにもかかわらず残雪がところどころに出てきた上に雨脚もましてきて非常に寒い、河原から少し離れた大岩の風裏にテンバを設営し何とか火を熾しご飯等を作り食べるが足元はジュクジュク状態で焚き火の傍でも上から下から濡れるので寒くて三人ともテントに非難し就寝、翌日明るくなっても雨も降っていましたが6時ごろ雨も上がり最悪のパターンは逃れてAM9時10分テンバ発枝沢より1504M小尾根に乗り竜ヶ岳よりのワンステ尾に乗り下山するがワンステ道が不明瞭で阿古滝上部の尾根に出てしまい阿古滝道を下山しPM2時40分駐車地着。

自分は2ヶ月ぶりの山行もあり両足ふらふら限界状態でしたが横田氏は全然平気、西村さんもヘロヘロでした。(行くまでは此処が痛い何処かが持つかといっていますがスーパー60歳はまだまだ健在です)連休中も休み無く沢に行っている様子です! 5月13日14日15日も宜しくです。大西
posted by 飄逸沢遊会 at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

2014年4月27日 六甲散歩

[参加者] N村
[天 候] 晴れ

 沢行には絶好の天気でしたが、仕事の都合で断念。代わりに出社前の散歩気分で、トレーニングを兼ねて近くの山へ行くことにした。
 芦屋駅 ⇒ 高座の滝 ⇒ 荒地山 ⇒ 風吹岩 ⇒ 地獄谷 ⇒ 高座の滝 ⇒ 芦屋駅
 この時期、早朝の風はとても心地いい。

荒地山-地獄谷_140427_093118_11.JPG   荒地山-地獄谷_140427_090024_06.JPG
 こんな人ごみ、沢では見たことない    やっぱり沢は気持ちいい

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

2014年4月6日 内鹿野谷(南紀)

参加者:  MK内 KT野 N村 TN崎 会員外1名(YN田記)



前夜発、道の駅ほんぐうにて車中泊。
前夜の寒冷荒天と裏腹に一夜明けて、晴天の沢日和となりました。

本宮をへて熊野川沿いに南下し、のどかな高田の里・桜花満開の水車小屋前に到着。
美しく清冽な桜の園の下で大阪から4時間・170kmを
はるばるやってきた甲斐があったと思いました。



水車小屋前のしだれ桜が美しい
s-P4060039.jpg

南紀といえば“ナメ”
s-P4060049.jpg

s-P4060055.jpg

渓畔を彩るミツバツツジ
s-P4060058.jpg

s-P4060060.jpg

一ツ落の滝40m
s-P4060070.jpg

栂ノ戸滝の落ち口へクライムダウン
s-P4060085.jpg

黒い斜滝10mを直登するN村さん〜水が冷たそう
s-P4060105.jpg

上に行くほど傾斜が出てきてはらはらするが見事にクリアされた
s-P4060106.jpg




溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/54888184.html













posted by 飄逸沢遊会 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

2014年4月6日 内鹿野谷(南紀)

[参加者] KT野、YN田、TN崎、MK内、会員外1名、野村(記)
[天 候] 晴れ〜 一時吹雪

   内鹿野谷_140406_090004 11.JPG  内鹿野谷_140406_093433 22.JPG
      出会いの滝 春景色        南紀と言えば、ナ〜メ〜

 道の駅本宮を朝7時に出発し、水車小屋の駐車場に向かう。
着いた先は桜満開、春爛漫。 昨夜の雨雪がうそのように青空が広がる。
いや〜、来てよかった。 絶好の日和でした。
(でも、白見山の頂に着いたときは花吹雪ならぬ正真正銘の吹雪だった)
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

鈴鹿犬上川滝洞谷

3月8日夜発9日
メンバー 大西・米田・横田
8日夜、道の駅に集合し米田さんの鉄板焼きを頂き眠りに就くが朝7時に米田さんが起こしに着たので7時50分道の駅出発、気温は1度でいけそうかなと思うが大君が畑に到着するが新雪が少しついているが気温は1度9時出発、雪の河原を歩き最初の涸れ滝、落ち口の岩に雪が着いているので大西が少し躊躇し手を温めえている間に横田さんがカムにアブミをかけてのぼってくれ上からの確保で米田・大西と越える。
その先、米田さんが先に進むがギョエーと叫び声が谷間に響く(前日に横田さんより話を聞かれていたにもかなり強烈やったみたい)結構新しく雪の上にも紅いものがついてました臭いが無かったので助かりました(新しいが骨だけでした、鳥の仕業でしょうか?)。
洞窟ゴルジュ手前で米田さんがドボンしたので今日はここで敗退する。

雪とツララの滝洞谷は明るくきれいで良い感じでした。

米田さんは寒さと最悪の谷の証しを見て体が動かなくなった様です!


posted by 飄逸沢遊会 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

2014年2月23日 氷ノ山(スキー)

テレマークスキーで戸倉峠から氷ノ山に登った。

[参加者]
山口

P1170919.JPG

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

2014年2月11日 南紀・尾川川・赤倉谷

[参加者]
O西(L)、ikkoさん、山口(レポ)

P1170790.JPG
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

日置川前の川(南紀)より大塔山

1月27日夜発28日29日 横田、大西2名

沢写真2014.1 001.jpg


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

2014年1月19日 湖南・金勝山地

[参加者]
O西(L)、山口(レポ)
P1170700.JPG
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする