2016年09月20日

2016年9月17日 外和谷(南紀)

[参加者] Ys田、Yn田、Mk兄、Mk弟、野村(記)
[天 候] 曇り

 9月に入って雨の多い状況が、特に紀伊南部を中心に続いている。たぶん、今回の水量はやや多めといったところなのだろう。
 当初予定の立合川、初日土曜の日中こそ天気はもつものの、夜から翌日以降は秋雨前線の影響で時に強い雨が予想されていたため、急遽日帰りで近場の渓をチョイスしたのだ。
 ん~、中小の滝が連続し、突っ込むも巻くも各人の技量と判断で行ける、なかなか面白い沢である。ちょっと遠いけど、もっと入られていい渓だと思う。
 さて、そろそろキノコの時期、備えあれば患いなし。勉強し直します。

      外和谷_160917_111237_038.JPG       外和谷_160917_112923_046.JPG
 秀麗な4条30m滝(珍しい滝姿に感激)   上も下もパワフル
    
     続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

若狭・雲谷山・今古川

2016年9月18日(日)参加者 kyt sws tnz記
前泊 三方五湖道の駅  リゾート気分が味わえる、今のところno1道の駅。夜中、大雨となりテント水没。
18日は雨もやみ、太陽もかすかに見える。三方観世音の駐車場に一台車をデポする。
今古川林道に入るとすぐに、鹿除け柵に阻まれるが、鍵を外してダムサイトの終点まで車で入る。林道があれており車の底を擦る。(涙)
ダムのきれいな右階段をとんとんと登ると、ダムの水面の向こうに入渓地点の二股が・・・泳いで渡ってもいいかも・・・・・

が、再度階段を降り、ダムの右側の草深い(ボーボー)林道をたどりダムを巻き、右の谷を越え、左の沢へやっと入渓。ここまでが核心かもしれない。大きなまむしも登場。
ik1.jpeg ik5.jpeg

ik7.jpeg  ik8.jpeg
ik9.jpeg  ik12.jpeg

ik13.jpeg  ik14.jpeg

ik15.jpeg  ik16.jpeg

ik19.jpeg  ik25.jpeg

ik27.jpeg  ik28.jpeg

「ジャングルジムみたい」と同行の若者。ほとんど出てくる滝を直登し、ナメ滝が連続で現れる。うつろ谷より楽しかった。

ik29.jpeg
下山は登山道を降りる。途中より大粒の雨が・・・
お疲れ様でした。
posted by 飄逸沢遊会 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月18日(日)鈴鹿西面 野洲川水系 元越谷

18 Sep 2016
鈴鹿西面 野洲川水系 元越谷
参加者:Y本(記) M夫妻 S野 K山

本来は又川谷・大井谷を遡行して竜ヶ岳の山頂を予定していたのですがあいにくの雨とガスで山頂はとても景色を楽しめないと思い元越谷に変更。短い沢ですが小滝やナメや斜滝が連続して美しい。
IMG_0355.JPG
IMG_0345.JPG
IMG_0352.JPG
昨晩の雨のせいか元越大滝は水量も多いので直登せず左岸のガレから捲きました。(写真は偵察で少し取り付いただけのなんちゃって写真です)IMG_0342.JPG
雨が強くなりだしたので今回は途中から林道へ逃げて下山しました。



posted by 飄逸沢遊会 at 19:40| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

2016年9月11日  小又谷(大峰)

【参加者】  吉田  片山  米田(記)

【ルート】 ⓟ−第1堰堤−長渕20m−第2堰堤−第3堰堤−大釜を持つ10m滝
  (左岸巻き)−7m滝&2段30m滝(まとめて右岸巻き)−
  2段40m(右岸巻き)−右岸涸れ谷を登る−林道−ⓟ
【時 間】  約7時間  
【天 候】  晴のち曇


“淵と滝の饗宴”というとどこかで聞いたようなフレイズだが、
堂倉谷よりスケールは小さく・短く・ゴルジュ続きで明るくはない。
名前は小又だが、コマタではついていけない難しさがあり、どちらかというと
オオマタでないと、飛べません(>瀑<)
コマッタ谷の小又谷へ行ってきました。


さて、小又林道終点に車デポの途中で突然のパンク!
いきなりのコマッタにもめげず、入渓は8:37。

s-P9110045.jpg s-P9110046.jpg
最初の淵にYさんは泳ぐ気満々で秘密兵器を身に着ける

が、この淵は右岸に残置ロープを見つけて巻くことに。
秘密兵器はいつの間にかお蔵入り。

次の長渕20mは必ず泳がされます。
私は30秒ほど浸かりましたけど(>瀑<)水からの立ち上がりにレイバックが必要です
Kさんのデジカメが水没しましたが、何度も潜水して見事に回収されました。
s-P9110048.jpg s-P9110049.jpg


s-P9110055.jpg s-P9110058.jpg


11:40、大釜15mと10m滝〜ここは左岸を大きく巻きあがりました
s-P9110069.jpg s-P9110072.jpg


2段40m滝は右岸側壁から取り付く  右岸巻き道から2段40m滝を見下ろす
s-P9110082.jpg s-P9110084.jpg

右岸涸れ谷に取り付き15分の登りで林道に合流しました。
s-P9110087.jpg


15:15、林道終点に到着
      色々ありましたが、‟無事で溯行終了”に感謝です!




溯行記録へ → http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56176458.html
posted by 飄逸沢遊会 at 20:22| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

奥美濃 川浦渓谷本流

2016年9月10日・11日 参加者 kyt sn mku兄弟 mnk夫妻 ymm tnz記

二日にかけて奥美濃川浦渓谷
1日目3名で70m淵、三分の一まで突破。
2日目メンバーを変えて西ノ洞谷分岐まで。二日ともはじめから参加snさん、バイタリティーは尊敬もの!
水は清く、美しく、ゴルジュは厳しく、何度も訪れたい沢であろう。
水流に?寒さに?体を震わせ、唇を紫にしてまでも・・・

w5.jpeg ko4.jpeg

w1.jpeg  w2.jpeg

w3.jpeg  w4.jpeg

ko4.jpeg  ko9.jpeg

w6.jpeg  w7.jpeg

ko20.jpeg   w8.jpeg

w9.jpeg  w10.jpeg

w11.jpeg

お疲れ様でした。70mはしんどかった!水流がきつい!

posted by 飄逸沢遊会 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

04Sep2016 須谷川 銚子ヶ口 鈴鹿

銚子ヶ口を源流とする須谷川。今年で2回目。
神埼川より赤坂谷ーツメカリ谷を予定していましたが天候を考えて須谷川に変更。
7時15分前泊地を出発。7時20分駐車場到着、最終装備を確認、入山報告を会にして林道を歩き7時40分ころ入渓。アクセス大変いいのが嬉しい。
須谷川は直登できる斜滝、ナメ、釜ちょっとしたゴルジュが連続して楽しい。大滝は無いけれどスピーディーに遡行できる。3時間ほどで一般登山道が稜線上に見えたので山頂には行かずに下山。午後より天候が変わることを心配してやや急いだ。11時40分下山完了。山ではいつも早く歩く必要は無いけれど、早く歩けることも必要とT先輩の考えを聞いて納得。ただ下山後に青空が広がっていたので神埼川への想いは少し残っていました。

IMG_0291.JPGIMG_0287.JPGIMG_0296.JPGIMG_0279.JPGIMG_0292.JPGIMG_0306.JPGIMG_0281.JPGIMG_0285.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

2016年8月28日  苅安谷〜ローソク滝まで(大峰)



【参加者】 大西 山口 野村 谷崎 京谷 山中 西田 桑原 近藤 米田(記)

【ルート】  笹の滝ゲート−笹の滝32m−左岸尾根巻き−懸垂2回で笹の滝落口へ−
  右岸巻き−ローソク滝25m−左岸のはしごを伝いトラバースした後、    
   稜線尾根に上がる−尾根下降(踏跡あり)−笹の滝ゲート

【 時間 】 5時間半

【 天候 】  曇時々雨


十津川村・日本の滝100選・笹の滝の上流部・苅安谷を溯行し、
ホホゴヤ谷出合に架かるローソク滝を見物してきた

霧雨に煙る風屋ダムサイトにて前夜泊

翌朝、車6台を連ねて林道内原線を12km走り、笹の滝駐車場へ
8:31駐車場発

s-P8280010.jpg s-P8280012.jpg

笹の滝の真下から左岸尾根を登って行き,
尾根のコルから2回の懸垂下降で笹の滝の落口へ

s-P8280014.jpg s-P8280017.jpg


右岸に渡渉し、右岸の草付き壁に取り付くが、
ここは見た目より厳しい

新人の近藤さんがハンマー投げに見事成功!
立木に引っ掛けたロープを伝い、トップで駈けあがる
後続はブルージックで登るが、雨に濡れた滑る壁は手ごわかった
s-P8280021.jpg s-P8280024.jpg


更に、右岸のいやらしいトラバースを抜けると
眼下に美しいゴルジュの釜が見えた
s-P8280028.jpg s-P8280026.jpg


懸垂下降1回半で沢床に戻り、谷を少し戻って、ローソク滝へ到着、12:01


s-P8280031.jpg s-P8280034.jpg


下山は、滝の右手に設置された2台の脚立とロープを伝うことに・・12:32発

おそらく釣屋さんがルート工作されたものだろう
悪場にはロープがしっかりと固定されていた
尾根を回り込むようにトラバースして、安全地帯に出たら、
前方の尾根に取り付き、下らずに急斜面を登っていく
10分程で稜線へ出たら踏跡が現れた
この踏跡はすぐに下りに転じて最後は笹の滝のゲートに辿り着いた、13:59着

笹の滝ゲートからローソク岩まで行くなら、あの左岸巻き道を使えば、懸垂下降もなく、
やゝ楽に行けるだろうが、それまでの尾根道の登下降のルート取りはいたって難しい  
この尾根道はホホゴヤ谷に通じる道なのだろう。釣屋さん恐るべし!



白い磨かれた岩と美しい滝が続く苅安谷〜機会があれば又訪れてみたい谷である





溯行記録へ → http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56160541.html
posted by 飄逸沢遊会 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

2016年8月21日 台高・東ノ川・西の谷

[参加者]
吉田(L)、幕内兄弟、大保、山口(レポ)


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

三面川竹ノ沢(朝日連峰)

8月12日夜発16日
メンバー大西・横田・澤崎

1471580407819.jpg 三面川本流

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

2016年8月10日夜発〜14日 黒部川上ノ廊下(北ア・立山)〜前編<8月10N−8月12日>

KIMG0147.jpg


チャンスは突然に訪れた。

8月8日の20時頃、私はT崎さんの池郷下部ゴルジュの報告を目にし
リベンジに帯同させていただきたくT崎さんにメールを入れた。

帰ってきた答えが
『そんなことよりカミノローカどう?』だった。続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年8月14日 芦廼瀬川(大峰)

[参加]米田、佐野、京谷、寺田、大保、西田、山中、幕内の兄、幕内(記)
[天候]晴れ時々曇り

明るく開けた本流で、豊富な水量に泳ぎを満喫できます。
フリクションは良好。ヒルは見ませんでした。アブも少なめ。
流れに逆らい泳ぎ、飛び込み、ダイナミックな本流遡行ですが、林道が並走しているので、どこでも遡行終了できます。車デポ地へ上がるルート取りは要注意です。
前夜泊は21世紀の森林公園入り口の東屋。トイレ水あり。
どかーんとシングルベッドでダイナミックに、蚊帳を張ってお姫様気分で完全に快適に熟睡できました。
森に突如あらわれた天蓋付きベッド。眠ってるのはおっさんです。
家より良く眠れました。

睡眠の質と翌日のパフォーマンスは絶対に深く関係してると思っています。

s-P8140012.jpg  RIMG0613 (1).jpg
はしゃぐ弟。

RIMG0630.jpg RIMG0624.jpg
はしゃぐ兄。


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

2016年8月7日  大白水谷(白山)

参加者  : 山口 佐野 足立 米田(記)
ルート  : 白山・平瀬道駐車場→大白水谷入渓→転法輪谷出合→
       1810m二俣→稜線登山道→駐車場
行動時間 : 7時間半
天気    : 快晴


白山の岐阜県側の平瀬登山口より歩いて3分で大白水谷の橋の袂へ。
アプローチ近すぎて嬉しすぎ!

サイダーのような乳白色の水、ブルーの釜が美しい
白い岩に蒼い空!この解放感とスケールはまるでアルプスの沢みたい!!

s-P8070008.jpg s-P8070014.jpg s-P8070019.jpg
 s-P8070026.jpg
s-P8070030.jpg s-P8070042.jpg s-P8070054.jpg s-P8070063.jpg

滝を直登し、易しい巻道を登り、ブルーの水と白い岩の間を遡って行くのは
楽シスギマシタ〜♪
我々以外に、2カップルが溯行・・ここはデイト沢らしい。


帰りのお決まりの名神の渋滞さえなければねぇ・・。



溯行記録へ → http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56139317.html

posted by 飄逸沢遊会 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父が谷(台高宮川)

8月1日夜発2日 メンバー武田・大西
9時駐車地発

1470701630336.jpg

久しぶりの武田氏との沢、日帰り遡行だがザックの重さは10キロ越えてる、何が入ってるのかな!

鎌滝までのゴーロ帯、日帰り装備でザックの荷揚げが有り時間がかかる。

1470701553790.jpg

一ノ釜下15時30分着、時間がないので遊べず巻く、二又の釜は綺麗でもう最後なのであそべた。釜の奥3M滝で釜に落ちて危なかった。リッジを登り堰堤上に出てりんどうに上がり18時


posted by 飄逸沢遊会 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

池郷川本谷 下部ゴルジュ

2016年8月7日(日)
参加者 kyt mnk夫妻 tnz記

池郷川本谷下部ゴルジュ 15m不動滝高巻き〜エコ滝手前2m滝で終了。
時間切れ、勉強不足! 
下部ゴルジュのリーダーがキャンセルになって小又谷へ行くつもりが、
またしても下部ゴルジュへ転進。
次回リベンジ!

i2.jpeg kyt氏出だしの3mの滝釜泳ぐ。

i4.jpeg 続く7m滝 左のカンテを巻く。

i4.jpeg 15m不動滝 右壁に残置のハーケン数個あり。
i6.jpeg 巻き登って15m滝上に。20m・20m2回の懸垂。
                     蛇がお出迎え!

i7.jpeg  懸垂下の河原 右にトンネル発見!

i8.jpeg 堰堤の滝下を通る!

i9.jpeg 堰堤の右階段、二カ所高過ぎ!

i12.jpeg i13.jpeg

i14.jpeg

猛暑が幸いして、今回の泳ぎはウェットスーツ着て快適・快適・・・寒さ知らずであった!

Ps.
結局、ezk氏に借りた道具、すべて、ザックでおんぶしてきただけ!
次回まで借りれますか?


posted by 飄逸沢遊会 at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下多古川下部廊下〜中ノ滝

2016年8月6日(土)
参加者 kyt 体験希望者 tnz記

小さな滝からミニゴルジュ、ミニ登攀、へつり、
そして50m級の琵琶滝をへて中ノ滝へ、盛りたくさん  
沢登りを楽しんでもらえました。

s2.jpeg s7.jpeg

s10.jpeg s15.jpeg

s16.jpeg
posted by 飄逸沢遊会 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年8月7日 静閑瀞(南紀)

[参加]山本 大保 幕内夫婦(記) 会員外3名
[天候]快晴

暑い日曜日、南紀で沢下りしてきました。
静閑瀞はずっと泳ぎ。小滝も大滝もなく、緩やかな流れを下る。
水はヘドロっぽくフリクションはヌルヌル。フェルトでもスリップしました。
車デポで下山は無し。ヒルも見ませんでした。
RIMG0584.jpg IMGP6041_original.JPG IMGP6068_original.JPG

IMGP6095_original.JPG IMGP6123_original.JPG IMGP6097_original.JPG

IMGP6069_original.JPG 

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

2016年7月31日 台高 蓮川 絵馬小屋谷(下部〜中部)


[参加] 齋藤(記) 大保 幕内
[天候] 曇り時々晴れ


吉田さんもすなる五ケ所滝前衛下部直登といふものを、吾もしてみむとていざや絵馬小屋谷。 .

13912603_1093416210732488_3676969926376525166_n.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

堂倉谷 本谷

2016年7月30日(土)31日(日)
参加者 ezk ykt ynk ymt kyt sws nsd mnk夫妻 会員外2人 tnz記
猛暑の大阪を離れて大台ヶ原へ。
豪壮な堂倉滝から始まり・・・エメラルドグリーンの水、きれいに磨いたようなつるつるの大きな釜、白い石・・・m氏の夢に2回まで出た奥七つ釜・・・堂倉はすごい!!
d2.jpeg

d4.jpeg

d5.jpeg

d6.jpeg

d7.jpeg

d8.jpeg

d10.jpeg

d13.jpeg

d15.jpeg

d17.jpeg

13645166_1272735106092495_5199423862422806856_n[1].jpg

13658933_1272735166092489_8085705184778000981_n[1].jpg

13669709_1272735182759154_6224862449452132454_n[1].jpg

13879381_1272735119425827_8671686653559758544_n[1].jpg

13882195_1272735039425835_1417691672682100624_n[2].jpg

13882518_1272734996092506_3147720800508087553_n[1].jpg

13895532_1272735009425838_5046355721115168474_n[1].jpg

13900082_1272734969425842_5179492239724976960_n[1].jpg

13900082_1272735022759170_7417628899435036093_n[1].jpg

13912382_1272734979425841_2758056742099406006_n[1].jpg

13912727_1272735049425834_5174682150263130231_n[1].jpg

d19.jpeg

13920401_1272819522750720_8828143554268025744_o[1].jpg

会員外の2人にはずいぶん助けられました。流しそうめん、カレーおいしかった!
重い荷物担いでありがとうございました。
y氏、たき火・お米の炊き方教えられました!e氏、痛い足で激下り激登りすごい!
それぞれに沢靴を林道下にデポされたそうですが・・・

大人のしぶい沢お泊まりでした。

m氏の見つけたひな!
13900204_632256646952867_3468659874034819518_n[1].jpg
posted by 飄逸沢遊会 at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

2016年7月31日 絵馬小屋谷(台高)

[参加] 齋藤 大保 幕内(記)
[天候] 曇り時々晴れ

斎藤さんの五ヶ所ゴルジュ1段目の動画です。
posted by 飄逸沢遊会 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする