2011年01月03日

銚子川光谷

12月28、29日 参加者、楠・大西2名
28日9時豊中発14時発電所の作業ケーブルの手前に駐車、少し雨が降り出す。
銚子川第二発電所より林道を辿り光谷の林道が右岸から左岸に渡る橋を越えた所で17時
沢写真2010.12 019.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

上多古川・茶屋ン谷

12月12日大峰・上多古川・茶屋ン谷 メンバー米田、大西
今回の目標は稜線まで出て山道を下山する!  
朝8時30分林道終点発、登山道を辿り茶屋ン谷出会へ続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

南紀フカイ谷

11月22夜発23日 参加者 楠、村田、大西 今回のテーマ フカイ谷より法師山に登る
22日和歌山・田辺経由で道の駅ふるさとセンター大塔に0時40分着3名ともにアルコール類何でも飲むので、すごくうれしい2時すぎに就寝。23日朝7時30分発途中おとめの湯と温泉の看板が有り、帰りに寄ろうと話していた、8時30分フカイ谷出会の橋に着、9時出発
10.11.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

台高野江股谷・11月13N発14日

13日夜青田発電所に酒合14日朝絵馬小屋出会7時30分発、
今回Y田大西は2回目秋の野江股に行きたい事で一致し決定。
しかし水に浸かりたくないY田・S山チームと赤井・大西チームにいきなり分かれるが、すぐに4名とも少し戻り巻きにかかる。続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

2010年11月14日   野江股谷(台高)

参加者:  O西  SO山  AK井  YN田(記)


台高・奥香肌湖に注ぐ蓮川の支谷・江馬小屋谷の
左俣谷である野江股谷を溯行してきた。

ほとんどが自然林に覆われている癒し渓。

ゴルジュも程よく配置され見せ場の滝もある。
源流部は明るく、詰めも比較的穏やかな傾斜で、
ナンノ木平にどんぴしゃ詰め上がることができた(^^)

1000m辺りの黄葉・紅葉の美しさに感嘆の声を
あげることしきり・・。



沢はやっぱり秋やね〜!!




溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/51480633.html



泳いで不動滝を見に行く発熱系若者2名〜
PB140008.JPG


PB140020.JPG


PB140013.JPG


PB140105.JPG


振り向けば黄葉・紅葉!
PB140109.JPG


源頭部近く〜膝まで枯葉に埋もれる
PB140115.JPG


ナンノ木平PB140128.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

2010年11月3日 日野谷(京都北山)


参加者: KT野 TN崎 YN田(記)


京都北山の北東部・白倉岳(950m)の南東斜面の谷、
日野谷(上部は足谷)を溯行してきた。


渓畔に自然林の巨樹が次々と現われる癒し渓で、
小滝登りもなかなかに楽しめる良い沢だった。


しゃくなげブッシュの急斜面の詰めをへて白倉岳山頂へ。
下山は紅葉・黄葉に彩られた明瞭な登山道を降りた。


稜線上では時雨にあったが、降りてきたらもう青空が拡がっていた。
“弁当忘れても傘わすれるな”という通りの
日本海側特有の気候変化の激しさに驚いた。



溯行記録へ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/51438490.html



シャワーまともやん〜(><)
PB030025.JPG


PB030017.JPG


PB030022.JPG


10[1].11.3日野谷2.JPG


苔蒸す蛸の足を持つ巨木
PB030033.JPG


立ちはだかる岩壁に黄葉が美しい〜ここがクライマックス
10.11.3hinotani.jpg


中岳の大杉
PB030062.JPG




posted by 飄逸沢遊会 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

南紀・高田川・栂谷

10月18N発19日南紀栂谷  参加者 村田、大西、他1名
8時40分栂谷の橋、出発 黒滝先のルンゼ出会11時50分着 今回は本谷より巻き上がり次の二俣を左俣より稜線に詰め上がる。稜線着13時10分(那智に下る下山コースの標識あり)の所
そこから、エボシ岩に登り(帽子岩らしい)烏帽子山へ14時20分着 俵石経由で登山道を下山16時10分駐車地着。
今回、天候曇りエボシ岩到着時、視界なし、スゴク残念でした。(前回はルンゼより詰めたので、エボシ岩には、行っていなかった事にきずいた!)
帰りは、タヌキ茶屋(武田氏お気に入りの店 名前は、たぶんこれかなーー??命名BY武田)にてカレーうどんをたべて帰阪。
まだまだ南紀は温いです。1月初旬までは大丈夫です!
posted by 飄逸沢遊会 at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

大峰・舟の川・カラハッソウ谷

10月10N発11日12日 天候、晴れ
参加者 武田リーダー、青木、大西(記) 計3名
七面谷林道ゲートより(9時30分発)林道を辿りイブキクラ谷とカラハッソウ谷出会に下降し
出会すぐ手前に降りる11時40分。遡行開始すぐに斜滝で行詰る(リーダーがルート摸索中、
ウォータースライダーに大西落ちる)残置ロープで滝上に、その上すぐ2段滝、
凄い迫力(前日までの雨で水量豊富)右岸から高巻き懸垂下降で滝上に、その先
は、へつりと泳ぎでそれぞれ抜けていく。夫婦グエ谷出会の滝で行詰る(滝の水
しぶきが出会まで飛んでくる凄い迫力、滝上にも滝がある様子)少し戻り高巻く
時間も4時30分、林道に上がり、今回のテーマ、カラハッソウのカール草原にて
泊るがメーンなので、林道終点少し先から谷にまた降りて草原を探すが、クマが
いたので(6時10分)先に焚き火と晩ご飯(8時30分発)草原到着(9時30分)テントを張り就寝
翌日、7時50分林道終点目指し下山10時40分駐車地着。
カラハッソウ谷はきれいないい谷でした。それと草原からの360度のパノラマ天候良く満喫出来ました。

posted by 飄逸沢遊会 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

H22.09.25N〜26 南紀 熊野川支流赤木川右俣和田川支谷 鳴谷

熊野川支流赤木川右俣和田川支谷 鳴谷.GIF

参加者:O西(PL)・E崎・S山・Y田・Y谷(レポ)
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

9月17日N〜9月20日 南アルプス・尾白川・黄蓮谷・右俣

ymg10091903.JPG

[参加者]
SNさん、山口(レポ)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

H22.09.04N〜05 鳥取 大山 甲川(きのえがわ) 上の廊下〜庄司ヶ滝

H22.09.04N〜05 鳥取 大山 甲川(きのえがわ) 上の廊下〜庄司ヶ滝.GIF

参加者:O西・Y谷(レポ)

上の廊下は、確かに難関ゴルジュではあるが続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

9月3日N〜4日 大峰・池郷川・小又谷&クワノキ谷

[参加者]
TKD氏、山口(レポ)

ymg10090407.JPG

泳ぎ、直登いっぱいの猛暑にお勧めの沢。

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

22.08.28E〜30 秩父 笛吹川東沢

参加者:Y田・S山(レポ)

P8290005.JPG

28日(土)
15時30分にY田さんにピックアップしてもらい一路山梨県へ。22時に西沢渓谷付近のみとみ道の駅に着。小宴のあと早めの就寝。続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

2010年8月29日 又剣谷(台高)

参加者: UE田 HYS夫妻 YN田(記)



人気の又剣谷! 当会では今シーズン3度目です。

SLOW&BEAUTY でもなく LIGHT&FAST でもない

ごくごく普通の沢メンバーでトライしてきました。


沢中は涼しく暑さを忘れましたが、


最後は泥壁登りでドロドロになりました。


出合7:05発〜林道13:01着でした。



溯行記録へ
http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/51145367.html



最初の30m滝の落ち口
P8290022.JPG


P8290034.JPG


P8290038.JPG


P8290055.JPG


P8290064.JPG


P8290071.JPG


最後はここへ出ました
P8290082.JPG


posted by 飄逸沢遊会 at 23:44| Comment(6) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

8月22N23,24日鳥取県・甲川

メンバー、武田・横田・大西
22日PM11時吹田駅出発、武田氏24日夕方より仕事の為24日11時には
駐車地に戻る計画で上の廊下を越えた堰堤までいければ行く予定で
鶯橋を7時50分出発
沢写真2010 184.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

8月20日N〜8月22日 台高・往古川・真砂谷

[参加者]
NKYMさん、SOYMさん、SNさん、山口(レポ)
朝日を受ける八町滝


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

8月13日〜15日:易老沢右俣 参加者:KTN、ON、OKU(レポ)

IMGP0045.jpg二日目午後7時前にたどり着きました 写真は三日目朝です
IMGP0042.jpg二日目夕方ここの分岐にたどり着きました
IMGP0040.jpg光岩からは何も見えません
IMGP0037.jpg光っていませんが、光岩です
IMGP0036.jpg三日目の朝、再度光岳山頂にて
IMGP0027.jpg最後の20m滝ここの巻きも手こずる
IMGP0025.jpg枝沢を超え右に進む
IMGP0023.jpg二日目

IMGP0022.jpg焚火になりました
IMGP0015.jpg休憩中

IMGP0009.jpg堰堤を超える
IMGP0006.jpg増水した易老沢を渡渉
IMGP0003.jpg 遠山川を渡る
IMGP0001.jpg易老渡のパーキング支度中
posted by 飄逸沢遊会 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

H22.08.14N〜16 大峰 川迫川本谷 神童子谷支谷 犬取谷

参加者:H上代表・U田健・HYS夫妻・F野夫妻・S田・Y谷(レポ)

H上代表の著書『大峰の沢』P35〜

H上 大師匠との久方振りの溯行で かつ 初めての沢泊
お歳の割りに と言えば失礼ですが
沢での足取りは 『まだまだ現役 !!』
若いもんには負けてません。

神童子谷支谷 犬取谷.GIF続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:32| Comment(3) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

8月3日比良の白滝谷

8月3日比良の白滝谷
参加者、O西・タクロウ・新人ちえい
今回、新人ちえいさんとの体験山行、ちえいさんは、山登りの経験も無く20代女性少し心配したが問題なく遡行でき安心した。
ただ火曜日が休日なので今回も女性1人の参加でした。
天候よく口の深谷出会上部より遡行すべり石手前まで遡行し林道より下山し
駐車地にて水浴びし帰阪

新人ちえいさんは、第4、日曜日が休日が取れるらしい!
ぜひ、計画があれば声かけお願いします!
いけるかどうかは、相談してあげてください。
今回結構水浴びし、O西取り付きよりドボンすることも!なかなかたのしめました。
ちなみに、tkd氏は、月曜日、私は、火曜日です。こちら2名にもぜひ!よろしくお願いします。
posted by 飄逸沢遊会 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

H22.07.24N〜25 台高 小橡川支谷 風折谷の左俣 又剣谷

参加者:O西・Y口・Y谷(レポ)

代表の著書『台高の沢』P56〜

車をデポすれば、お手軽にゴルジュを楽しめる暑い日に最適の沢。
ゴルジュは、明芽谷のような険悪さは無く、すいすい溯行出来た。
蜘蛛の巣いっぱい、凡流いっぱい は許せる範囲内。

又剣谷.GIF続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする