2010年07月25日

大石川・東俣

大石川・東俣川 参加者 横田、塩山、大西
 7月10N発13日2泊3日
天候不良の為、大石ダムより入渓予定が、西又の峰経由で、中流部に向うが
今年の雪渓はすごく高い位置まで残っている!遡行断念。
12日朝から雨の状況を見ていたが昼前に断念しタープをたたみ下山。
飯豊山系の谷は、8月末にならないと、遡行困難?(まだまだ未熟な自分)
13日寄り道しながら帰阪、京都着 (ぎりぎり13日)
それでも、今回の目的の岩魚の刺身、骨のから揚げ、焚き火すべて達成できて満足の旅でした。(新潟の地酒も持ち帰り)
posted by 飄逸沢遊会 at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

2010年7月11日 上葛谷(南紀)

参加者: K多、E崎、MY毛、HYS夫妻、YN田(記)


出発と同時に雨が降り出した〜(><)

最初から最後まで雨の中の溯行で、途中撤退しましたが、

上葛谷は綺麗で変化に富んだ良い沢でした(^^)



溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50934588.html



10m滝は迫力満点〜右岸巻き
P7110029.JPG


P7110031.JPG


P7110035.JPG


P7110007.JPG


ルートを探すが厳しそう・・ここで撤退〜
P7110039.JPG

枝又の滝30m
P7110064.JPG

へつる
P7110072.JPG

大釜を持ったトユ状斜瀑〜左岸より巻き登る
P7110085.JPG

碧淵水澄〜♪
P7110088.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

2010年小木森滝

2010年6月28日往古川・小木森川に2回目の挑戦
リーダー武田(TKD氏) (参加、大西)2名
ハゲオロシ谷林道駐車地出発
10時18分ケンブチ滝下、11時10分小木森谷出会、11時24分4Mゴルジュ
水量多目で少し引き返し巻く為に下降するが見つからずタヌキ谷出会から左岸尾根まで戻りクルシそうなのでタヌキ谷左岸を巻いて対岸に渡り小木森谷左岸尾根に取り付く予定でタヌキ谷左岸を巻くが上段の滝との間が渡れそうにないので、そこからまた4Mゴルジュに戻り越えるが10M滝で行き詰る、ルート探すがわからず断念するが4M滝を下降するにはかなりの根性が?(10M滝を突破するほうが楽か)TKD氏下で待っているので、強引に下降する。(下降時右足が岩にかかった瞬間助かったと思った)。4M滝下より高巻き下降点を探すが見当たらず、またもや断念する。(もうバテバテ)しかしTKD氏はタヌキ谷を遡行するとの事でまたもやタヌキ谷左岸を巻きにかかる(14時20分)タヌキ谷は
10M程の滝と渕のゴルジュ連続で降りては巻き降りては巻きの連続で最後は林道に出てしまった。(その先50Mで堰堤で終了か)

小木森滝2回目挑戦でまたも敗退する
台高南部の谷は相当険しくキビシイ!(自分のレベル)
アプローチが長いので体調管理・天候・しっかりとした計画が必要それとこの地域に何度か経験のある方と同行されたほうがいいです。
小木森滝下は厳しいですが滝上はすばらしい癒し渓です。
また懲りずに自分は、行く予定です。
posted by 飄逸沢遊会 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

2010年6月13日 新潟県未丈が岳 参加者 KTN OKM

IMGP0058.jpg シルバーライントンネルの泣沢避難口、ここからシャッターを開ける
IMGP0059.jpg シャッター開きました
IMGP0027.jpg ゼンマイ小屋横の駐車場から登山開始
IMGP0029.jpg テスリの無い赤橋を渡り尾根に取り付く
IMGP0030.jpg 赤橋上からの谷の様子
IMGP0037.jpg
IMGP0036.jpg カタクリかな?
IMGP0033.jpg 越後駒ヶ岳?
IMGP0034.jpg 中ノ岳?
IMGP0040.jpg 狭い未丈が岳山頂
IMGP0044.jpg すぐ後ろが未丈が岳山頂
IMGP0045.jpg 山頂から雪渓を下り東方向にある大鳥池を目指す
IMGP0047.jpg 1時間下ったが藪に阻まれ大鳥池は断念
時期が遅かったかな・・・
IMGP0048.jpg この尾根を登ってきました
IMGP0054.jpg 駐車場から見たシャッター
IMGP0061.jpg IMGP0062.jpg シャッターを閉じて帰りました
駐車場でストックを忘れましたが、帰宅後役場に電話して送ってもらいました・・・
posted by 飄逸沢遊会 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

2010年6月6日 大谷(芦生原生林)

参加者: KT野、TN崎、YN田(記)



満開のタニウツギが咲く、
初夏の芦生原生林を歩いてきました。


渓を溯り、尾根を歩いて、
見事な桂と栃の森に癒されました。



溯行記録へ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50783159.html


天狗岳からの下降〜由良川が見えてきた!
P6060043.JPG


大谷の大桂
P6060064.JPG


三ボケ出合
P6060119.JPG


三ボケの大桂
P6060116.JPG


三ボケの源頭部を行く
P6060123.JPG


三国岳手前の登山道にて
P6060127.JPG


最後はここへ降りてきました
P6060137.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

H22.06.05N〜06 南紀 熊野川右俣北山川支谷 竹原谷

参加者:Y口・O熊・Y谷(レポ)

阿藤快風に表現すると
「なんだかなぁ〜」
と、言う沢。

竹原谷.GIF続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:11| Comment(5) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

2010年5月30日 上谷(大峰)

参加者: H上代表、M浦、NK山、YN田(記)


大峰・上谷(こうだに)を溯行してきました。

代表のガイド“大峰の沢”では初級者向きの沢となっています。

巻きは比較的易しく、楽しく登って行けますが、

牛呼滝の右岸巻きは初級者にはちと厳しいと思います。

牛呼滝から上流は凡流ですが、最後に2段30mは

あろうかという大きな滝が出てきて、溯行はそこで打ち切りとし、

右岸の仕事道(一部不明瞭)を辿って下山しました。


溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50740920.html


P5300006.JPG

P5300025.JPG


P5300052.JPG

UV武装のNK山さん〜
P5300056.JPG

上流部は癒し渓
P5300069.JPG

最後の滝
P5300086.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0529N〜0530 旭川・宇無ノ川・片口谷

参加者 MTHS、KJWR、HYS、OTB(記)

老若男女、親子・親戚一同のようなメンバーで沢登りの巻。

IMGP5248小.jpg

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 14:37| Comment(5) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

5月29日N〜5月30日 大峰・上多古川・伊坪谷

見ごたえのある滝がたくさんある谷。初級者向けと紹介されることが多いが、高巻きと下山には注意が必要。

ymg10053005.JPG

[参加者]
OKMさん、IWMTさん、山口(レポ)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

5月23日 猫又谷(林道終点まで)

この谷を登って滑り降りる予定でしたが...
ymg-100523.JPG

[参加者]
KTNさん、NKYMさん、山口(レポ)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

H22.05.15N〜16 南紀 熊野川右俣北山川支谷 古和谷

瀞八丁(田辺).GIF

参加者:Y口・Y谷(レポ)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

5月8日N〜5月9日 台高・北股川・柏原谷

初心者向き?
癒し渓?
意外と手ごわかった柏原谷

ymg10050901.jpg

[参加者]
NKYMさん、FJNさん夫妻、SNさん、山口(レポ)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

5月1日N〜5月4日 朝日連峰・竜門山〜寒江山〜以東岳

以東岳方面を望む

[参加者]
OKM氏、山口(レポ)

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 15:20| Comment(1) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

H22.04.30N〜05.03 台高 蓮川(はちすがわ)奥の平谷

国土地理院発行の[2万5千分の1]地形図  大豆生(伊勢)より改変.GIF


参加者:O西・Y谷(レポ)


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 01:19| Comment(4) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

4月25日 アカンダナ山

[参加者]
KTNさん、山口(レポ)

素晴らしい天気に恵まれた山行でした。

100425-山口-03.JPG

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

H22.04.17N〜18 大峰 前鬼川本流

釈迦ヶ岳(和歌山) 前鬼本流.GIF

参加者:Y口・O西・Y谷(レポ)




続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

台高・真砂鬼丸谷

4月4日夜発1泊2日
台高真砂鬼丸谷  前回、2009年12月30日31日大滝巻き途中で敗退
今回、メンバー横田、大西2名
5日朝8時40分林道出発ー16時30分八町滝下到着、今回も滝下で泊る事になる。6日朝9時20分出発ー滝上11時着落ち口に下降し遡行開始8M滝左岸より巻き越え谷に戻るとその先連滝のゴルジュで右岸より巻くが、14時になっていたので小尾根よりそのままエスケープするが、途中より対岸上部に50M二条大滝が見えていた、行かなくて良かったと思った。
沢写真2010 027.jpg
その先小尾根もいき詰まり、反対側の谷に降り涸れ谷を登り元の小尾根
に登り返して、穏やかな沢に戻った稜線の山道に16時20分着、小森林道着19時30分ー駐車地着20時40分。
今回、2日目遅くまで寝ていたので、失敗か?
のんびり遡行には、2泊3日がいいかな!やはり行程が長いので、どちらにしても、体力勝負、しんどかった。けど最後の25M滝と50M滝の威圧感は、素晴らしいです。
再々リベンジにまた行きたいです。(岩が脆いので注意が必要)
posted by 飄逸沢遊会 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

2010年3月14日 白尾山(奥美濃)

参加者:KT野 SO山 O熊 TN崎 HYS夫妻 YN田(記) 


美濃白鳥(みのしろとり)のしらおスキー場から白尾山(1612m)へスノーハイキング。


アクセスの良いしらおスキー場
P3140002.JPG


山頂からは、360度の眺望が拡がり、
蒼空に真っ白な白山・御岳・乗鞍岳が浮かんで見えました。
無風快晴の下、残雪の山を楽しむことが出来ました。


お世話になった皆さんありがとうございました。


※山行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50365849.html


白樺ゲレンデの登り
P3140011.JPG

自然林の快適尾根道
P3140020.JPG

もうすぐ山頂
P3140041.JPG

憩える山頂
P3140043.JPG

下りはショートスキー&ヒップそり
P3140051.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

2010年1月31日 雨乞岳(鈴鹿)

参加者: UE田 KT野 TN崎 FJ野夫妻 体験1名 YN田(記)




近江から伊勢へ抜けるいにしえの峠越え道・千種街道を辿り、
杉峠から雨乞岳に登りました。


雪はいたって少なめでしたが、大木の立ち並ぶ
しっとりとしたフジキリ谷沿いの道や、
冬枯れの自然林の佇まいに癒される思いがしました。



山行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50143124.html



蓮如上人遺跡にて
P1310020.JPG


一反ぼうそう(ミズナラの巨樹)
P1310033.JPG


雨乞岳への登りはガスの中
P1310044.JPG


P1310049.JPG


P1310051.JPG


P1310055.JPG


雪上訓練〜
P1310066.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

2010年1月10日 大天井ヶ岳(大峰)

参加者: UE田  T崎  YN田(記)



大峰・大天井ヶ岳にスノーハイキングに行って来ました。


雪は思ったより少なかったです。
山頂付近はさすがに膝を超える積雪でしたが
何とか最後までワカンを着けずに歩けました。


ガスで展望はなかったし、殆どが林道歩きでしたが、
年に数回しか体験出来ない雪山歩きを堪能することが
できました。


山行記録へ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50028046.html



P1100013.JPG

posted by 飄逸沢遊会 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '10年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする