2018年05月29日

比良 口ノ深谷

[日 程] 2018年5月26日
[参加者] 石田 寺田(L/記)
[コース] 明王谷駐車場7:30− 口ノ深谷出合8:10 −CS6m11:45 − ラスト15m14:30 − 登山道15:20 − 御殿山16:00 − 駐車場17:20
[天 気] 晴れ
20180526100102_p.jpg
巻きの練習してきました(^-^;続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:26| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

20180527 犬上川水系 滝洞谷

【参加者】 ラード(L) N村 Y田 T永 源蔵(記)

【ルート】 墓地横駐車地 7:00発−井戸底ゴルジュ下部 9:15−

     井戸底ゴルジュ上部 10:10−迷路ゴルジュ 12:25−迷路ゴルジュ上部 13:40−

      ゴルジュ終了 沢に水流れ出す 14:45−植林地帯 15:20−茶野ピーク(938m)16:20
      −鉄塔 17:05−登山道終点17:45−駐車地着18:00


      
【時 間】 11時間

【天 候】  晴

【ヒル情報】 3名に1〜2匹ぐらい連れてきた


雰囲気悪い、臭い、獣が上部から石を投げてくると
散々にビビしながらも
でも突破したら「やり切った感」があると聞いていた滝洞谷に行ってきました。

DSCN0245_R.JPG

時短で少しでも早く帰路につけるようにと
ラードさんと私。Y田さんとT永さんで荷揚げからの
N村さんが残置回収と言う態勢で入渓。

DSCN0190_R.JPG
入渓早々、濁って虫の舞い飛ぶ釜に入る気も起きず右岸巻き。


洞窟ゴルジュを目の前に
「さぁ行け!」と言われて
みなさんのアブミをお借りして岩肌に取り付く。

少し上がり残置ハーケンにアブミを掛けつつトラバースしていくだけなのに
人生初のアブミに足を掛けてバランスとりことに慎重になって
若干のカラダの強張りを感じつつ抜け。


直近にヒールフックで抜けるという課題も
そのカラダの強張りが取れないままビビり気味に取り付くも
ザックの重さで後ろに引かれる感じ。。。
残置ハーケンに支点とり安心感とともに抜ける。

その後も5〜6mのちょっと小悪い小滝が現れ
ラードさんとともに抜けていくと

DSCN0197_R.JPG
井戸底ゴルジュ下部 をラードさんが「フェルトシューズでは足滑る」と言いながらも
ステミングで難なく突破。

井戸底ゴルジュ上部 でトップで取り付かせてもらうけど
まだまだ下部付近での支点構築にしどろもどろしてるうちに
腕パンプしてしまい。。クライムダウン。。。

DSCN0200_R.JPG
ラードさんにアブミ託してアタックして貰うとこれまた難なく突破!

DSCN0203_R.JPG
途中に打ったハーケンが抜けてしまい
ユマールで登るT永さん

DSCN0207_R.JPG
怖い怖いと言いながらも安定しているY田さん

DSCN0217_R.JPG
回収に徹して頂いたN村さん


セカンドでトップ想定して登らせてもらうってみても
支点構築できず。。自分の中で課題を残しつつ抜け。

迷路ゴルジュまで辿り着き
休憩がてらギアの受渡確認してみると
どこかに落としてきたか置いてきたみたいで
BDキャメロット#0.3、BDヌンチャク、2.4mスリングが行方不明。。。

DSCN0221_R.JPG
迷路ゴルジュでは他の方の山行記録を見ると
小ハングからの乗り越え突破してるけど
ザック背負っての左からの抜け。

DSCN0222_R.JPG

DSCN0227_R.JPG


DSCN0228_R.JPG
迷路ゴルジュ上部では本日2度目のステミングラードさん!
足張りすぎて一度は身動き取れなくなったけど
見事なリカバリーで突破です。


DSCN0236_R.JPG
心地よく小滝を何本かこなすと沢に水が流れ出し
適当な植林地帯から茶野ピーク(938m)に向け詰め上がる(本日の一番の難所)


DSCN0239_R.JPG

DSCN0241_R.JPGピーク付近でどこかで匂ったコトのある花の香りだけど
誰ひとり思い出せず。鼻に花粉をつけたまま下山開始

ピンクテープを目印に鉄塔〜しっかりと踏み跡のついた登山道を快調に下り
参加者全員無事に下山♪
DSCN0243_R.JPG



DSCN0219_R.JPG

話に聞く想像していた滝洞谷イメージより
腐敗臭みたいな臭いもなく光と暗さと緑のコントランスが
所々に映える沢だった。

他の山行記録と見比べると
水量が全体的にすくなかったみたいだけど
岩肌にヌメリ多くドキッ!とする所もあり油断できない。

アブミの掛け替え、支点、終了点の構築に悩み
時間を掛けてしまうコトもありましたが
ご同行頂いたメンバーに感謝です。

またのご同行お願い致しますー!

〜〜 追 記 〜〜
近々に滝洞谷に行かれる予定の方いらっしゃいましたら
『BDキャメロット#0.3』『BDヌンチャク』『2.4mスリング』の3点
迷路ゴルジュまでにあるはず?発見回収願います!
posted by 飄逸沢遊会 at 16:35| Comment(2) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

2018年5月20日 中のツボ谷(京都北山)

2018年5月20日(日) 中のツボ谷(京都北山)


【参加者】 川添(L) 西田  宗川夫妻  米田(記)
【ルート】 ゲート前7:46発−林道終点 8:46−中のツボ谷出合発9:00−
     【中のツボ谷溯行】−二俣12:25−林道12:53−
      櫃倉谷下降地点13:26−櫃倉谷13:39−【櫃倉谷降渓】
      −中のツボ谷出合着15:08−
      林道終点15:30−ゲート着16:25
【時 間】 8時間
【天 候】 晴
  

雨上がりの癒し渓を溯行&降渓してきました。

早朝まで小雨が残り、沢中は増水しており、
中のツボ谷の滝群はとても迫力ありました。
普段は登れる滝も巻きを余儀なくされ、泥壁はよく滑りました。

旬の花はピンクのノリウツギで至るところで満開。
ギンリョウソウ・白いヤマコデマリも目を楽しませてくれました。

降渓した櫃倉谷は悪場のない癒し渓で畦畔には栃の木が多かったです。


最初の12mで緊張
s-P5200009.jpg

岩間8m〜普段は登れるらしいが右岸より巻く
s-P5200020.jpg


右岸をへつる
s-P5200032.jpg


釜を渡って滝を登る
s-P5200025.jpg


多段30mが見えてきた
s-P5200041.jpg


櫃倉谷へ急降下
s-P5200062.jpg


栃は7枚葉だった
s-P5200077.jpgs-中のツボ谷.jpg



溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56755243.html

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:46| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大峰 滝川本谷下部

[日 程] 2018年5月19日
[参加者] 足立 石田 三岳 寺田(L/記)
[コース] 8:10笹の滝駐車場 − 8:30笹の滝 − 8:50笹の滝駐車場 − 12:00不動滝周辺15:00 − 15:40笹の滝駐車場
[天 気] 曇りのち晴れ


20180519120445_p.jpg


支点構築や確保、懸垂下降の練習をしながら癒しののんびり遡行となりました。
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 13:19| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

台高 又剣谷

2018年5月20日(日) 参加者 n村氏 k谷氏 y本氏 t木氏 t崎(記)

前泊 「上北山村」の道の駅、ヤマザキショップができていた。
8時閉店だが、近々お酒も入荷予定らしい。
早速、情報通k谷氏、おばさんとコンタクト。

k山氏に昨年教えて頂いたモヒートで乾杯。

なんと!深夜にt永氏も合流!これが思いもかけぬ好意を。

又剣山から小処温泉に縦走するからと、ザンギリ林道の展望台に車をデポしてくれるとのこと!

翌朝、7時過ぎ、道の駅出発。

7時半入渓。

2時半に到着したn村氏、3時間の睡眠にもかかわらず、出だしから滝を登る登る!第1ゴルジュ

1.jpeg

2.jpeg

3.jpeg

4.jpeg

5.jpeg

本谷の二度目のy本氏、快調、登って登ってガッツポーズ!(猪突猛進で、ロープ忘れもありましたが)第2ゴルジュ

6.jpeg

饒舌k谷氏、今年二本目でちょっと遠慮がち、まだ助走中。

7.jpeg

8.jpeg

9.jpeg

新人、t木氏、岩の登り系で腰まで水につかるのは、寒そう。

第3ゴルジュはとりつくまでに淵にはまらなければならず、t崎、ぬれたくないので、必死にへつり。

10.jpeg

12.jpeg

13.jpeg

30m滝の後、お昼に。体が冷えて、たき火を。まったりしてしまい、永居。

ゴルジュとゴルジュの間が生活臭で、ゴーロにゴム管が落ちていたりとちょっと興ざめ。
これがなかったら・・・と。



830m辺りで、t木氏とt崎は尾根に上がり(200m標高差)、車回収に展望台目指す。

残り3人は、厳しさを求めて?そのまま詰めるが、滝とガレの連続でロープを出して遊んだとか。

お疲れ様でした。

また、遅い下山でt永氏にはご心配をかけました。
本当にありがとうございました。

posted by 飄逸沢遊会 at 20:38| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年5月20日 吉野川水系中奥川戸倉谷

メンバー  わんこ(L/記)  木村
DSC_1514-2281b.JPG

DSC_1516-1c1e0.JPG

DSC_1517.JPG

DSC_1520.JPG

1526797342148.jpg

1526797331316.jpg

DSC_1523.JPG



寝坊してしまって、10時入渓。
いきなりゴルジュ。
滝は全体的にヌルヌル逆層、水量が多かったらしく直登できそうなのも劇シャワー。
ズルズル巻まいての繰り返し。
途中、V字40メートル滝下でお忍びで来ていた先輩達に出会う。
つり橋までご一緒して、僕らは下山。
お二人は二俣まで行って釣りをしていたらしい。
下山もモノレールへの道がよくわからず、仕事道?みたいな微かな踏み跡を下ると入渓点に丁度戻れた。
3時間ちょいで遊べるお手ごろなゴルジュ沢でした。
posted by 飄逸沢遊会 at 12:57| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

初心者講習会 下多古

[遡行日] 2018年5月13日
[コース] 下多古川
[参加者] 谷崎、京谷、佐野、桑原、K、高橋、会外3名、幕内(記)
[天 候]  曇り時々小雨

本格シーズン直前・初心者講習会。
これで全ての日程が終了しました。

多数の方にご参加いただき、まことにありがとうございました。
冷たい沢の水や、豊かな自然に触れていただき、沢登りの魅力と危険を知っていただく良い機会になれたかと思います。
いかがでしたか?
沢登りはたのしいでしょ。
こんなもんやないですよ。もっと楽しいです。
釜に飛び込んだり、スライダーでナメを滑ったり、焚き火で寝たり、キノコを大量に採ったり、目を凝らして獣の踏み跡を辿ったり、ザレた斜面を延々汗だくになりながら登ったり、お魚焼いたり、澄んだ流れを漂ったり、クライミングとスイミングを組み合わせたキャンプです。

沢遊会では、沢登りを始めたいあなたを応援します。
ぜひご連絡ください。
RIMG0001.jpg


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 08:50| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

2018年5月4〜6日 宮之浦岳〜白谷雲水峡(屋久島)

【場 所】 宮之浦岳〜白谷雲水峡(屋久島)
【月 日】 2018年5月4〜6日    米田(記)


【5月4日(金)】 行動約1時間   晴

紀元杉バス停発14:40−14:48川上杉−
15:03登山口−15:39淀川小屋(泊)

【5月5日(土)】  行動12時間半   晴

2:07淀川小屋発−3:48小花之江河−4:04花之江河(1:20待機)
5:25発−5:35黒味岳分岐−6:05黒味岳山頂−7:01投石湿原−
8:44宮之浦岳着9:03発−9:23焼野三叉路−10:30永田岳山頂 
−11:32焼野三叉路−平石岩屋−12:50坊主岩−13:41新高塚小屋
−14:40高塚小屋(泊)

【5月6日(日)】   行動5時間45分  晴

4:46高塚小屋発−縄文杉−6:00ウイルソン株−6:30大株歩道入口−
6:46仁王杉−7:37楠川分かれ−8:32辻峠着−8:46太鼓岩(ピストン)
−9:09辻峠発−9:44白谷小屋分岐−10:30白谷雲水峡バス停着


3日間最高のお天気に恵まれ洋上アルプスを満喫出来ました。
今回の屋久島縦走は私にとって生涯忘れがたい山行の一つとなったようです。



山行記録は →https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56748286.html


花之江河 
s-P5050025.jpg

黒味岳山頂
s-P5050037.jpg


宮之浦岳山頂
s-P5050071.jpg

永田岳直下
s-P5050079.jpg

永田岳山頂
s-P5050083.jpg

縄文杉
s-P5050115.jpg

ウイルソン株
s-P5060121.jpg


太鼓岩
s-P5060138.jpg




posted by 飄逸沢遊会 at 22:30| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

2018年5月6日 ゴミキ谷・滝谷(台高)

[遡行日] 2018年5月6日 (下北山スポーツ公園 泊)
[コース]  7:45 ゴミキ谷入渓 − 9:05 二俣 − 11:20 乗越(滝谷下降) − 12:40 二俣 − 14:25 鹿ノ子滝落口 − 16:45 駐車地
[参加者] 源蔵(L)、野村(記)
[天気・水量] 晴れのち曇り  水量やや多め  ヒル見られず  ややヌメリあり

 沢はともにこじんまりとまとまっている感じで楽しい。
でも、なんといっても、クライマックスが素晴らしい。残念ながらこれに尽きるかも。

   滝谷_180506_164036_61.JPG

 続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 23:07| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

2018年5月4日、5日 宮川水系堂倉谷本谷(台高)

参加者   秋山リーダー、木村、わんこ(記)


やりたい放題新人です、はじめて記録を書きます。

当初は、南紀黒蔵谷の予定でしたが前日の雨と気温の低さ、泳ぎ担当の與田氏が不参加ということで堂倉谷に変更。

4日朝、6時駐車場を出発。
寒い、風が強い、雪がちらつく。

DSC_1479.JPG
すでに満身創痍のメンバー

1525565438714.jpg
ここから一気に大杉谷登山道を堂倉滝まで下る。
入渓の下降ポイントがよくわからず、テキトーに懸垂で降りた。

1525512071623.jpg
冷たい寒い楽しい。

1525510663084.jpg

DSC_1491.JPG

DSC_1488.JPG

ウワサ通りキレイでした。
泊まりなのでダラダラ歩く。

1525510713729.jpg
斜滝15メートル。ヌメヌメだった。
ロープはいらなかった。

DSC_1493.JPG
ミネコシ谷出前くらいで幕。
まだ14時くらいだったけど。

DSC_1499.JPG
シュラフなしだったので寒くて寝れず、朝まで焚き火の前にいた。


2日目、風は穏やかで快晴。
二俣までが長く感じた。

1525510768272.jpg

1525510783817.jpg

1525565493083.jpg

最後の連瀑帯。
快適フリーで楽しかった。
秋山リーダーめっちゃ登ってた。


1525565508081.jpg
詰めて正木ヶ原。
ハイカーがたくさんで恥ずかしかった。






posted by 飄逸沢遊会 at 09:33| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする