2018年08月10日

2018年8月5日 父ケ谷本谷(台高)

【月 日】平成30年8月5日(日) 
【場 所】父ケ谷本谷(台高)
【参加者】吉田 米田(記) 会員外2名
【コース】8:29駐車地点発−8:48入渓 −12:50一の壺
     (左岸巻き)−13:32牛鬼淵12m滝(左岸巻き)−
     13:55尾根登り開始−14:12林道着 
     −15:15駐車地点着
【時 間】7時間
【天 候】晴


台高主稜線の水を集め、広大な宮川貯水池に注ぐ渓谷・父ケ谷。
大岩の間を掻い潜っての泳ぎ、浸かりが頻繁に出て来る、
真夏にはうってつけの谷である。

R422号線沿い、からすき谷公園を朝7時に出て、宮川貯水池の
新大杉橋を渡った処から右手へ進む。
父ケ谷林道を登っていくが、この地道林道がかなり悪いし、しかも長い。
石をどけつつ、慎重に進むが、普通車では底を擦る。
岩が道を塞ぎ、ギリギリで通過出来たところなんぞもある(><)
やっとのことでゴミが散乱している建物跡の駐車場に到着。

鎌滝を過ぎた辺りのこの駐車場まで、
このダート道が本日の核心でしたわ(>瀑<)


8:29発、駐車場から少し歩くと支谷が出て来た。
8:48、この支谷を100mばかり下って本谷に入渓
    (左岸からのいやらしい下りだった)

川幅は広くゆったりとした流れ〜さすが本流である。
s-P8050008.jpg

s-P8050055.jpg

水量は多くはないが、腰までの浸かり、泳ぎが頻繁に出て来る。
巨岩の間を縫ってボルダームーブで越えて行くのは結構疲れる。
s-P8050009.jpg



飛び込みに最適な釜
s-P8050020.jpg

動かない!
s-P8050022.jpg

谷へ下るにはどうしても懸垂でという箇所が出て来た。
沢が初めてというお二人なんでいきなりの懸垂下降はNO。
15mの崖をYさんが先に懸垂で降り、下でビレー確保しながら、
一人ずつトップロープ状態(支点はカラビナ)で1本のロープで
降りてもらうことにした・・
かなり恐ろしかっただっろうが、
お二人とも身軽なアスリートなんでなんなくクリアされた。
s-P8050052.jpg

へ〜こういうやり方もあるんや、ギヤを落とした時には使えるね。
最後に私がロープを全部引き上げて、あらためて
ホンマの懸垂下降をセットし直して降りて行った。



一の壺〜釜が四角のプールとなっていた、左岸巻き
s-P8050065.jpg

巻き道からは眼下に連続した釜と滝のゴルジュが(^^)
一瞬の天国が垣間みられた。

s-P8050067.jpg


13:32、牛鬼淵・12m滝〜左岸から巻いて残置ロープで降りる
s-P8050076.jpg

凡流となり、二俣の手前で右岸の尾根に取り付き、
スズタケの藪を漕ぎ、小尾根を乗り越して林道に出た、14:12。

s-P8050080.jpg


荒れ放題の地道林道を小1時間下る。
眼下に辿ってきた渓谷が垣間見えるのが楽しい。


駐車地点、15:15着


父ケ谷本谷は真夏に最適の泳げる、飛び込める谷。

夏以外は多分寒すぎます。

唯一の難点は林道アクセスの悪さだった!

一瞬の天国と長い長い地獄・・沢登りなんていっつもこんなんです!!

s-父ケ谷本谷(台高).jpg



溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56814654.html
posted by 飄逸沢遊会 at 22:40| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

尾上郷川 別山谷 カラスノ谷

2018年8月4日〜5日  参加者 s崎 k谷 t中 t崎(記)

行程 4日 石徹白登山口5:00発〜神鳩ノ宮避難小屋7:00〜ブナゴヤ谷下降〜別山谷出合10:30〜カラスノ谷出合12:00〜
      1400m位泊15:00
   
   5日 6:00発〜最後の滝9:00〜大平壁11:00〜別山谷頂上12:30頃〜石徹白駐車場18:30


「滝、ゴルジュ、草付き、壁と沢登りの魅力がすべておさまった谷、白山を代表する名渓」と書かれていたが、その通り!

 今回は、雪渓も少なく、雨が降っておらず、草付きの巻きは泥が乾いており、草はしっかり根を張り、昨年(石川側からの別山谷)と雲泥の差であった。
 
 1日目はカラスノ谷までの取り付きで終わり。2日目が本番。起伏に富んだ滝、ゴルジュ、ナメを辿り、最後は3級の壁登りで別山頂上へ。最後はとどめの激下りで駐車場。疲れました〜〜〜。

P8050202.JPG

最後の大平壁続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:19| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年8月5日 比良 梅ノ木谷


[日 程] 2018年8月5日
[参加者] 足立 源蔵 石田 寺田(L/記)
[コース] 7:20入山口 − 7:40入渓地点 − 12:3015m滝 − 14:40最終12m滝 − 17:40ヤケオ山南稜尾根 − 19:00入山口
[天 気] 晴れ


普段人が入ってない沢を探索に♪

尾根まではアブと戯れ、尾根ではブヨの集中攻撃を受けました(^-^;

水量は少なく急崚なルンゼ。ボルダリング箇所や急斜のザレ場の巻きと短いルートですがロープを出す機会も多く時間が掛かりました。

虫刺されも含め、日帰りで満腹になれるコースでした!

梅の木谷_24.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 14:58| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

2018年8月4日 安居渓谷 (石鎚山脈)

【遡行日】2018年8月4日(土)
【コース】安居渓谷千仭橋(駐車)ー見返りの滝(巻)―入渓(千仭峡)−林道交差地で出渓−林道ー駐車地
【参加者】ゆさま(T木)L(記)、T橋、S本、他会員外2名(合計5名)
【天 気】くもり一時大雨、水量多め

元々、T木と会員外の方の2人で沢でも行こうか!って話をしていたのが、仲間が仲間を呼び、たまたま会員が3名になったので会の遡行記録にしようってことでここに書くことに…。
安居渓谷は、日本一の清流として知られ、石鎚山に流れを発する仁淀川に注いでいる。
その水質の美しさから、ブルーの水は仁淀ブルーと呼ばれるが、水質だけでなく、景勝地としても高知県の県立自然公園として県内外からの観光客も多い。
8月3日、前日の夜に大阪を出発し、翌4日5時に入山地である安井渓谷の千仭橋に到着した。

8月4日6時に起床。1時間の睡眠だが、日帰り予定で早く帰らねばと7時半には出発。
駐車地のすぐ横には落差約20mの見返りの滝がありゴウゴウと音を立てて流れ落ちている。
なんか…、仁淀ブルーとか癒しの渓とはイメージが違う。
見返りの滝を巻いて入渓するが、入渓点に立った瞬間に仁淀ブルーとは程遠い水の色と、増水して荒々しい沢の姿を目の当たりにした。
あ〜(泣)、青い沢、青い空、癒しの渓…。
目の前を流れるのは、薄く濁った緑の流れと、どす黒い曇り空、増水した濁流。

P8040003.jpg

P8040008.jpg

それでも、やはり安居渓谷の渓相は美しくテンションが上がる!

P8040010.jpg

P8040013.jpg

ここは高さ8mぐらいの滝だが、やはり水量多い。
右のクラックか左の流れか?悩んだが答えは出ず、たまらずT橋さんが偵察に行き、巻きを選択。

off6214146ab4a1bcbafcbab2d7158a51_35360217_180805_0002.jpg

巻は5mぐらいの泥岩に鐙がかけてある場所があり、そこはT木が先に上りビレーして通過。
小さな尾根を二つ乗り越えて、今度は懸垂下降して再入渓。

P8040021.jpg


水量は多いが、それだけに迫力のある渓相が続く。

P8040026.jpg

P8040046.tif

38457996_230788624242051_7534156808017936384_n.jpg

38494078_434731693687727_6703776996469506048_n.jpg

38451338_313851339355288_8316730691509288960_n.jpg

そして、みんなが楽しみにしていたミニゴルジュ。
ここはステミングで通過する…。
はずだったが、水量が多すぎて無理!ってことで、T木が対岸へ渡りビレーしてみんなを通すことに。
最初、ステミングからムーブで対岸のガバを探るがそんなものない。足は一か所あるが手が遠すぎて届かない。
できるとすれば、足をめがけて飛んで手を取るしかない!
失敗すれば、濁流を20m落ちることになるが…。

P8040048.jpg

38600556_199716290891714_2937520561154162688_n.jpgP8040050.jpg

なんとか通過。
この後も、意外と迫力のある景色が連続した。

P8040053.jpg

P8040060.jpg

P8040074.jpg

P8040063.jpg

そしてそろそろ遊び疲れたころ…
この渓谷の一番の魅せ場が!
ここは、長い瀞場の先に20m位の滝が落ちる場所。

P8040076.jpg

とにかく、あそこまで行ってみたい!
てことで、泳いで手前の岩に取り付いた。
あと2〜3mの距離だが、流れが急すぎて泳いでも押し流される。
みんなで交代で突破を試みるが、全員押し流された。
そこで、T橋さんがハンマーを投げてひっかけることに。
何度かのチャレンジの後、ようやく引っかかって、その場に立つことができた。

38448998_274288056492540_1881985902385823744_n.jpg

急流に押し流された2〜3mと、30mぐらいの長い瀞場を泳ぎ、おまけに体にまとわりついて来るアブやらブヨを追い払い、もうヘロヘロや〜(>_<)
遡行記録では、この滝をクライマックスにして終わっているものが多い。
唯一の手掛かりは、ここから沢を30分歩くと出渓点ていう遡行記録があったこと。
でも、もう一時間も歩いてる…。

P8040094.jpg

しかも、ただの沢歩きちゃうやん!
てことで、ヘロヘロになりながら1時間10分後に林道に出合った。
その10分前からは大粒の雨が降り出した。
出渓してからは、アプローチシューズで暑い暑いって言いながら、1時間半の林道歩きの予定だったが、沢上がりだからちょうどいいね!なんて言いながらの雨中の下山となった。
降り出しからわずか20分で、林道には川のように水が流れた。
昨日もおそらく、このような夕立が降ったのだろう。
遡行時間は5時間半、林道歩き1時間半、14時下山を予定していたが、実際は、遡行時間8時間、林道歩き1時間半で17時10分下山だった。
今回は、良い意味でいい勉強になった沢登だった。
posted by 飄逸沢遊会 at 23:49| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

2018年7月22日 下多古川源流部(大峰)

【月 日】 平成30年7月22日(日) 
【場 所】 下多古川源流部(大峰)
【参加者】 ダニー斉藤  米田(記)
【コース】 五番関―奥駈道より尾根下降−最後の10m滝の落口
     (左岸巻き下り)− フングリイタダキ・2段滝−
      木ノ葉入らずの淵ー 約1130m地点で折り返し
            【往路を戻る】
【時 間】  7時間
【天 候】  晴



Sさんのテンカラ釣りに同行させていただき、大峰・下多古川源流域を
歩いて来た。奥駈道の稜線から尾根を下り、下多古川源流部へ降りていく。


アプローチの奥駈道は樹林に覆われ涼しく歩き易い。
駐車場から奥駈道をへて1時間余りで水が流れ出す源流最奥部に降り立った。
谷に降りる寸前に地下足袋から沢靴に履き替える。
黄色い虻が顔に付きまとうのが厄介である。

s-P7220152.jpg

しばらくは穏やかな流れであるが、突然、滝の頭に出た。
懸垂下降ならば勝負が早いが、帰りのことを考えるとここは巻き下る方が
よいだろう。この10m滝は普段は水は流れておらず、沢床の隙間から
水が流れ落ちている。

s-P7220212.jpg        

s-P7220210.jpg


左岸の尾根に乗り、石楠花の斜面をトラバースして小尾根を越える。
この辺りはピンクのテープが付けられていた。小尾根を越えて、
支谷へ下り流れに沿って下って行くと、
やがて本谷に合流した〜結構な大巻きだった。

s-P7220162.jpg

わが意を得たりと、川原から最後の10m滝に向かってSさんは
釣り上がっていった〜釣人には一番楽しいところだろう。

s-P7220165.jpg

s-P7220163.jpg


焚火を起こして待っていると、下流部から2人の沢人が上がってきた。
釣人がいるので先に進むなとも言えず・・あ〜あ、よりによって
こんなところで人に出遭うとは・・。


最後の10m滝は滝ではなくて崖〜上の沢床に空いた穴から水が流れだしていた
s-P7220175.jpg


焚火の川原に下り戻り、涼しい水面で麺をすする
浮世の憂さを忘れる爽快さ!

s-P7220181.jpg


更に下流を目指して進む。
直ぐ下はゴルジュになっていて一旦左岸の尾根に乗り、谷へ急こう配を下る。
急な左岸ガリーには釣りロープが設置されており、
降り立った釜には2段の綺麗な滝がかかっていた
この辺りはフングリイタダキというらしい

s-P7220182.jpg


更に左岸より巻き降りて木ノ葉入らずの淵。
Sさんによると餌釣りならば入れ食いだとか。

s-P7220185.jpg


美渓が続く


s-P7220201.jpg

魚影を追いかけSさんは渓を下って行く
s-P7220197.jpg


1130m付近でおり返し,往路を戻る


最後の10m滝を超え、
源流部の細い流れになってからも竿を出し続けるSさん、
辺りは樹木が少なく、木枝に糸が引っかかることが少ないようだ。
s-P7220216.jpg       

s-P7220224.jpg


とうとう20p程のヤマメを釣りあげた!
CATCH & RELEASE !


s-P7220219.jpg


最後は緩やかな尾根に取り付き、20分程の登りで奥駈の稜線に出た。



奥駈の稜線は日陰で歩き易かったし、谷を下れば尚も涼しい。
酷暑の下界を離れ、こんなにもお手軽に避暑が出来るとは!
いつもの世話しない沢溯行とは違う新しい渓の世界を垣間見ることが出来、
愉しい一日となった。




溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56805390.html

posted by 飄逸沢遊会 at 22:10| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

奥ノ深谷 (比良)

[遡行日] 2018年7月22日
[1日目] 坊村バス停 8:42着 - 9:10 出発 - 10:10 牛コバより入渓 -
     12:45 登山道 - 13:50 牛コバ - 15:00 坊村バス停
[参加者] 野村(単独/記)
[天気、水量] 晴れて猛暑  水量やや多め  
[ヒル] 見かけず

 連日の酷暑、仕事を放りだし、涼を求めて急遽計画。
交通機関利用を前提に裏比良を選択、三舞谷、口ノ深谷と検討してはみたものの、水に浸かれる谷として奥ノ深谷に決定したのは当日の朝だった。
 帰宅後に仮眠をとり、沢の準備をして出発。

 釜と滝の連続する涼味満点の沢。 おすすめです。
 かつて一度訪れたことがあるが、記録はあるのだが、谷に入る前と登山道からあとは記憶にあるのに、沢中については最初から最後まで全く記憶がない。当時は巻き巻きだったか、他力本願だったのかも。
 ある意味全く新鮮な感覚で楽しめた。実にいい渓である。真夏には最高の渓のひとつだと思う。

奥ノ深谷180722_101846_04.JPG
     泡、アワ、あわわ…  めちゃくちゃ気持ちいい

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 18:07| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

2018年7月14日〜16日 正沢川・細尾沢(中央アルプス・木曽駒ケ岳)

【月 日】平成30年7月14日〜16日 
【場 所】正沢川・細尾沢(中央アルプス・木曽駒ケ岳)
【参加者】寺田(L) 足立 石田 米田(記)
【コース】
     7月14日(土)    6時間   
    8:20駐車場発−8:40沢登りコースの道標− 9:20入渓−
    12:17玉ノ窪沢出合−13:53細尾沢出合(幕営)

     7月15日(日)   11時間   
    5:35細尾沢出合発−6:05細尾大滝40m−
    10:38二俣(右へ)−11:20大岩の二俣(左へ×→藪漕ぎ)−
    12:25本谷へ復帰2575m−
    13:57ガレ場2750m−15:54木曽駒ケ岳山頂2960m−
    17:03九合目・玉ノ窪山荘着(泊)

     7月16日(月)   4時間半   晴                    (下山・福島Bコース)
    6:10玉ノ窪山荘発−8合目水場−7:52七合目避難小屋−   
    4合目半水場−8:55五合目−10:02幸ノ川渡渉−
    10:38駐車場着


中央アルプスの盟主・木曽駒ケ岳の北東面を源頭とする正沢川本谷の支谷で
駒ケ岳本峰の北面から流れいでる細尾沢を溯行してきた。

入渓から最終の駒ケ岳直下までほとんど白い花崗岩の続く谷で、
ソールフリクションは抜群で登り易く、
澄んだ美しい水と相まってとても明るい渓相である。


入渓
s-P7140007.jpg

白い岩と澄んだ水
s-P7140027.jpg

1日目は細尾沢出合までの滝のないゴーロ歩きで休憩を多めにとった
半日コース。結構な水量に阻まれ渡渉に手間取ることもあった。
s-P7140021.jpg


2日目は細尾大滝40mを越え、標高差1000mを山頂まで詰め上がる。
s-P7150044.jpg

s-P7150064.jpg

s-P7150067.jpg

二俣は右へ
s-P7150091.jpg

s-P7150110.jpg

s-P7150117.jpg

お花畑で一息〜チングルマ、アオノツガザクラなど高山植物が
       開き出しており、目を楽しませてくれた。
s-P7150118.jpg
当日中に下山予定だったが、ルートミスによる藪漕ぎに時間を費やし、
山頂直下のガレ登りが長く険しく、山頂着が夕方4時となった。
s-P7150125.jpg

s-P7150129.jpg

駒ヶ岳九合目の玉ノ窪山荘まで降りて来た時にはすでに5時を
過ぎており、小屋に一泊することになり(´▽`) ホッ!

九合目・玉ノ窪山荘
s-P7150132.jpg

3日目に福島Bコースを下った。
七合目避難小屋より御岳が美しかった。
s-P7160141.jpg



3日間お天気とメンバーに恵まれ、苦しくも楽しい山旅でした〜♪


s-細尾沢(木曽駒).jpg


溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56801988.html
posted by 飄逸沢遊会 at 00:02| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

北山川 田岡谷

2018年7月22日(日)酷暑  参加者 a立さん k谷氏 k籐氏 n野氏 t崎(記)

前泊 道の駅「おくとろ」カと暑さにも負けず盛り上がる。

道の駅6時半発〜入渓地点6時50分〜50m滝7時50分〜20m滝9時〜連瀑帯10時半〜20m滝12時〜二股13時(今日はここで終了!)

下山開始〜駐車地点15時 

P7220024.JPG

皿の乾いたカッパみたいに、よく飛び込みました!巻きました!続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 16:45| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

黒蔵谷 (南紀)

[遡行日] 2018年7月15-16日
[1日目] 道の駅ほんぐう 6:20 - 6:50 入渓駐車地 -
          (林道ゲートのデポ地への車の回送:片道40分)
     駐車地出発 8:40 - 8:50 黒蔵谷出合 - 10:50 出谷出合 -
     13:15 高山谷出合 - 15:15 カンタロウ滝 - 16:20 第四支流出合 -
     16:40 石垣(◭泊)
[2日目] 石垣◭発 8:25 - 10:20 二俣 - 10:50 奥ノ二俣 - 11:00 林道 -
     13:20 車デポ地 - 14:00 入渓駐車地
[参加者] ラード、わんこ、野村(L)記
[天気、水量] 晴れて猛暑  水量ふつう  
[ヒル] ほとんど見かけず、実質的被害なし

 念願の黒蔵谷。
 この谷の遡行にはうってつけの猛暑。 水温は高く、泳ぐにはうってつけだが、ゴルジュを抜ける風は熱風、蒸し蒸しと湿度100%。
泳ぎで冷えたカメラのレンズは水から上がると同時に曇ってしまう。
 とはいえ、次々と現れる淵の水はこの上なく透明であり、泳ぎ、へつり、飽きさせることがない。
ただ、残念なのは林道歩きが長いことであり、行程を2泊3日としてのんびり高山谷を下降して出発地に戻るのが良いかもしれない。

 幕営地、焚き火から寝床に戻り、暗さに目が慣れてくると、ぼーっとした青緑っぽい明かりが、そこここに浮かび上がってくる。
紀南地方は光るきのこ 「シイノトモシビタケ」 で名の知れた地域であり、光るきのこである。 
きのことは言えない菌糸の状態だが、写真に写っている大きめの落葉3枚、葉の1/3程度の範囲が光っているのである。
 初めて見る光景にただただ感動。ちびちび焼酎を含みながら小1時間、鑑賞にふけった。
 ホタルが1匹舞った。

黒蔵谷_180715_204936_108.JPG
 

 すべてが感動的で、記憶に残る沢であった。 日にちを間違えたことや、さかなクン、最後の林道歩きを含めて....

 
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 01:37| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

釜川 右俣

2018年7月14日・15日  参加者 k添氏 k谷氏 s崎氏 t中さん t永氏 n田さん t崎(記)

14日(土)くもり

 道の駅「信越さかえ」6:30発〜林道ゲート7:30〜堰堤7:45〜二股9:00〜三ッ釜大滝12:15〜林道橋18:30泊

15日(日)曇りのち晴れ

 橋の下6:30発〜横澤右俣8:00〜50m大滝10:00〜小松原避難小屋12:00〜林道ゲート16:00

15.jpeg 大スラブの大滝 自然の造形美は、ただため息のみ。続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 06:24| Comment(1) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする