2019年03月25日

2019年3月17日 坂本谷(鈴鹿)

【月 日】平成31年3月17日
【場 所】坂本谷(鈴鹿)
【参加者】山本(L)佐野 宗川夫妻、米田(記)
【コース】藤原町内駐車場発7:23−坂本谷第1堰堤下7:37−
     第4堰堤上8:07− 右俣入口8:19−土石流センサー
     8:39−10m枯滝9:03−650m二俣−
     木和田尾登山道10:57−山口登山口11:59−
     駐車場着13:00
【時間】 5時間半
【天候】 曇のち雪のち雨



福寿草で有名な鈴鹿・藤原岳の北部に位置する坂本谷はかつては花の人気ルート
だったそうだが、土石流の為崩落が進み、現在は下部巨大堰堤と白い岩肌が続く
枯谷となっている。

崩落が現在も続いており、この谷は通行禁止になっているので、
入谷は各自の自己責任でいうことを肝に銘じておきたい。


s-坂本谷(鈴鹿).jpg


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:03| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

南紀 白見谷 第一支流

2019年3月17日(日)ガスから晴れのち小雨 
参加者 k谷氏 tア(記)

どこも予報では天気は今ひとつ。迷いに迷いに南紀!前日の夕方、初沢に決定。

早朝、大阪出発。寒気が入り、昨日の雪は溶けても、峠はガス。運転が一番しんどかった。

国道168号線沿いの滝をめざすが、一つ手前の滝と勘違い。

行けども仕事道が見つからなく・・・

もう一つ新宮側だった。

P3170065.JPG

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:54| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

2019年2月24日 オゾ谷〜クラシ(鈴鹿)


【月 日】平成31年2月24日 
【場 所】オゾ谷〜クラシ(鈴鹿)
【参加者】谷崎(L)佐野 京谷 山本  宗川夫妻 山中 米田(記)

【コース】朝明駐車場発7:28−中峠8:33−大瀞橋9:00−
     渡渉9:06−オゾ谷出合9:27−
     二俣(ワサビ峠への谷)10:02−
     オゾ谷最終地点1055m10:53−尾根登山道11:40−
     クラシ11:47−イブネ北端12:08着・
     イブネ北端12:37発−小峠13:27−愛知川渡渉13:39−
     根の平峠14:41−朝明駐車場着15:39
 【時 間】8時間
 【天 候】曇


s-オゾ谷〜クラシ(鈴鹿).jpg


鈴鹿の残雪のバリエーションルートを歩いてきた。
鈴鹿の奥座敷といわれるイブネ・クラシも残念ながら
雪はほとんど融けていた。

山を越え、谷を渡り、谷を詰め、尾根を下り、
再び山を越えての周遊ロングコースは
変化に富み大変面白いものだった。


中峠への谷道
s-P2240002.jpg


愛知川の渡渉
s-P2240007.jpg


オゾ谷左岸を進む〜二俣までテープ・踏跡あり
s-P2240014.jpg


オゾ谷を詰める〜進むほど傾斜が増す
s-P2240028.jpg


最後は左手の崖に取り付き稜線尾根に出た
s-P2240040.jpg


イブネ北端
s-P2240047.jpg


魚眼レンズですいません
s-P2240049.jpg


小峠よりは谷を下る
s-P2240055.jpg


上水晶谷出合でホッと一息つくがまだ登り返しが・・
s-P2240061.jpg


愛知川を再び渡渉
s-P2240063.jpg<


根の平峠でほっ!
s-P2240067.jpg




喉元過ぎれば熱さ忘れる山行でした!



山行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56951811.html









posted by 飄逸沢遊会 at 22:49| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

平成31年2月10日 滝畑ゴジラの背

●参加者→木村(L)(記) HARI(会外) OKAJI (会外) OKADA(会外) 
●天気→晴れ

●目的 ロープワーク 山飯 外岩


【挨拶が遅れました事お詫びいたします。
改め、明けましておめでとうございます。
今後も沢遊会をよろしくお願い致します。】


急遽決まった滝畑ゴジラの背
初心者が2名いたのでまずはゴジラのテラスで懸垂下降の練習

1549790836055.jpg

1549790837681.jpg

慣れたところで場所を変えまた懸垂下降

1549790826639-685b0.jpg


1549790787268.jpg

何故かokajiがぴょんぴょん飛んで下降してくる。
(どこで覚えたんやろか…)

『わざわざぴょんぴょんしなくていいよ』と指導者hariが突っ込む。

全員下降した所で 背にとりつく。
トップはクライマーであるhari。

1549790820257-292d3.jpg
無駄のない安定した動き

そして2番目okaji

1549790813478.jpg

あら、
ルートから外れてる。

3番目okadaの兄

1549790810478.jpg


皆さんを見届けた所で木村の番がまわってきた
(写真無し)


1549790800890.jpg

どんどん背を詰めていくとテラスに戻るので山飯をする

1549790793782.jpg

かなり豪華である
これはokadaシェフが用意をしてくれた。
皆、無我夢中に食べる。

1550438309644-28a0a.jpg

1549790351687.jpg


お疲れ様でした





posted by 飄逸沢遊会 at 06:51| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

’19 山行一覧

posted by 飄逸沢遊会 at 21:40| 年別山行一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

2018年11月25日 三之公川 明神谷(台高)

[遡行日] 平成30年11月25日
[参加者] YM中、MN川、KW添、MK野、野村(L/記)
[行 程] 8:55 登山口 出− 9:35 明神滝 − 10:30 カクシ平谷出合 − 12:05 馬ノ鞍谷出合 − 14:25 稜線 − 15:00 馬ノ鞍峰 − 16:00 カクシ平ベンチ − 17:00 登山口

[天 気] 晴れ
[その他] このところの干天続きで水量は少ない。

 今回、馬ノ鞍峰に突き上げる通常のコースからはずれ、本谷を詰めてみました。
 馬ノ鞍谷は入ってないので正しく比較はできませんが、上流域一帯はどの谷も似たような渓相かと思います。
 過去の記録や遡行図を見る限り、シンプルに馬ノ鞍谷を詰めるのがベターかも。
 状況次第で気ままに別ルートを散策してもいいのかなという気がしています。

 三之公川_明神谷本谷_20181125_094137_17.JPG
   渓は秋色、気分は明るく穏やか....

  続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 13:06| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

2018年11月23日  コチコチ谷(台高・中奥川)

【月 日】平成30年11月23日(祝・金)
【場 所】コチコチ谷(台高・中奥川)
【参加者】幕内(L)佐野 源蔵 久保浦 米田(記)
【コース】貯木場P発8:31−コチコチ谷最初の6m滝8:41−
     大岩9:15−10m滝9:43−小屋跡10:31−
     二俣780m10:38−最後のガレルンゼ12:05−
     尾根に乗る13:25−下山開始13:55−
     中奥川14:45−貯木場P着14:56
【時 間】6時間半
【天 候】晴のち曇

中奥川の冬枯れマイナー谷・コチコチ谷を溯行してきた。


奈良県川上村・中奥川はシーズンには釣師で賑わうが、
沢登りでも溯行対象となる谷が幾つかある。
コチコチ谷は瀬戸川(中奥川)の左岸支谷の北面の谷である。

s-コチコチ谷(台高).jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:03| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

コチコチ谷 (中奥川)

[遡行日] 2018年11月23日
[コース] 中奥川 コチコチ谷
[参加者] 米田、佐野、久保浦、源蔵、幕内(記)
[天 候] 晴れ

コチコチ谷は、登攀具必携の気の抜けない険谷でした。
水量少なく少人数で紅葉シーズンにオススメです。
幕内の感覚では3級の沢でした。
下山は仕事道です。

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 11:15| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

2018年11月18日 ヘク谷(比良)

[遡行日] 平成30年11月18日
[参加者] KW原、AO木、SK田、野村(L/記)
[行 程] 8:00 入渓 − 10:10 25m大滝 − 11:00 二俣 − 12:40 小女郎ヶ池 − 14:40 坂下集落
[天 気] 晴れ
[その他] 水量少ない。ヒル見かけず。

 病に倒れたMK内氏の遺志を継いで、○○○狩りを兼ねて入渓したものの....
 小春日和の沢登り。
 11月半ば過ぎの沢登りにしては、水にはしびれるような冷たさはなく、ちょっとしたシャワーならカッパで何とかなるくらい。

   ヘク谷_181118_123947_38.JPG
     のどかな小女郎ヶ池

   続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 00:09| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

2018年11月11日  スケン谷(京都北山)

【月 日】平成30年11月11日
【場 所】岩谷〜スケン谷(京都北山)
【参加者】大西 佐野 宗川夫妻 足立 山中 中山 米田(記)
【コース】朽木古屋・登山口発7:46−保谷林道−岩谷峠9:13−
     岩谷出合10:30−スケン谷11:30着12:07発−県境尾根12:55−
     下山開始13:10−東北東尾根−林道着13:56−登山口着14:43


晩秋の一日、美しい谷を歩き、尾根を巡った。



朝7時、葛川市民センター駐車場にて8名が車5台で参集。
2台に分乗して出発する。

鯖街道を北上し、梅ノ木にて左折、久多キャンプ場を過ぎ、
朝霧立ち込める針畑川沿いに北上する。
色とりどりの紅葉に覆われているのどかな山村風景が次々と現れる。

古屋の郵便局を過ぎ、白い橋を渡ったすぐ左手が
三国岳登山口駐車場。(狭く2〜3台が限度)

s-PB110001.jpg


保谷林道を小1時間歩き、
尾根の急登30分余りで岩谷峠に到着した
s-PB110010.jpg

峠からは岩谷源頭部へ下降する

s-PB110018.jpg


s-PB110024.jpg


s-岩谷1.jpg


岩谷2.jpg


癒し渓に癒される
s-PB110035.jpg


岩谷出合〜石積に紅葉が美しい
s-PB110046.jpg


岩谷からは由良川本流を遡り、約1時間でスケン谷


スケン谷
s-スケン谷4.jpg


この陽だまりでいつまでも寝転んでいたい!
s-大西さん.jpg



この明るさの中へひとつの素朴な琴をおけば 秋の美しさに耐えかねて
琴はしづかに鳴りいだすだろう〜八木重吉の詩の世界
スケン谷3.jpg


s-PB110068.jpg


s-PB110073.jpg


スケン谷は10m滝を左岸から巻いて通過する以外は特に厳しい所はなく、
818P直下の稜線へ詰め上がった。下山は東北東の尾根を下りる。
最後の100mの下りは藪に阻まれ、林道へはロープで下降した。


特大ムキタケ〜下山尾根にて
s-PB110092.jpg


s-スケン谷.jpg




溯行記録へ→ https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56879634.html










posted by 飄逸沢遊会 at 23:08| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする