2018年04月15日

2018年4月8日 御池川・瀬川谷(鈴鹿)

【場 所】 御池川・瀬川谷(鈴鹿)
【月 日】 2018年4月8日(日)
【参加者】 山本(L)佐野 宗川夫妻 足立 寺田 石田 槙野 米田(記)
【ルート】  御池川駐車場P・入渓7:38−瀬川谷出合8:00−
       唯一のゴルジュ9:08−CS6m9:31−
       詰め開始840m10:53−
       サンヤリ山頂・958m11:13着−
       展望岩13:30−天狗堂山頂13:38−林道P14:30着

【天 候】  晴
【時 間】 7時間


強烈な寒の戻りで鈴鹿の山々は一夜にして冠雪していた。
鈴鹿支部の山ちゃんのお声掛けで、いつものように道の駅・
奥永源寺渓流の里に集合。
メンバーのモチは至って高めで7時10分前には出発する。

君ヶ畑の集落を過ぎたところで車2台をデポ。
御池川沿いに進み、奥の広い駐車場で沢支度。

すぐ傍らの御池川より入渓!
寒い、冷たい〜度重なる渡渉に気分は滅入る。

20分余りで瀬川谷出合
s-P4080003.jpg

s-P4080012.jpg


最初のアクセント〜腰まで浸かりたくはないので
右岸の岩棚に乗って通過
s-P4080016.jpg

s-P4080017.jpg

s-P4080020.jpg

CS6mは左岸巻き
s-P4080023.jpg

一箇所、岩が脆く崩れる左岸の高巻きでロープを出して頂く

s-P4080029.jpg

源流域は植林帯〜雪が現れだす
s-P4080034.jpg

詰めは高度差100m程の緩やかな尾根
雪を被ったシャクナゲの間をすり抜けて30分足らずで
サンヤリの山頂へ

サンヤリ山頂からは道迷いの末、天狗堂へ続く尾根にようやく乗ることが出来た
s-P4080050.jpg

展望岩から見えた御池方面は冠雪していた
s-P4080056.jpg

s-P4080058.jpg

下山は天狗堂の山頂プレートからすぐ東に階段道が続いており
テープも道も明瞭〜1時間足らずで林道へ下ることが出来た。
東近江市が選定した鈴鹿10座の登山道整備のお陰で
迷うことなく短時間で下山出来たのが有難い。


瀬川谷は苔蒸す自然林の癒し渓〜尾根に上がれば展望も良い。
これからのシャクナゲの時季にも良い周遊コースだと思う。

瀬川谷(鈴鹿).jpg



瀬川谷2(鈴鹿).jpg



溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56721534.html

posted by 飄逸沢遊会 at 21:12| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

百四丈滝

【場所】百四丈滝
【月日】3月24日、25日
【参加者】山中・澤崎・谷崎・足立(記)
金曜夜、大阪を出発して一里野温泉スキー場から出発
導水管道の急登りから始まる 久々の重い荷物が背中に来る
IMGP0010.JPG

IMGP0040.JPG
今年の北陸は豪雪で、あれだけ陽気と雨が続いても雪はたっぷり!しかも歩く感じドンピシャのタイミングだったようだ
IMGP0054.JPG
思ったより道は長く、雪庇を避けて巻くため登ったのにまた下ったり登ったり
IMGP0078.JPG
IMGP0086.JPG
遠い でもきれいだ
途中までは背中が見えていたTSペアーは安全地帯に入るとずんずん先に進み、とうとう姿が見えなくなる(><)

IMG_20180324_151636.jpg

IMGP0122.JPG
3時までには着く予定だったのに日暮れまでに着けるか心配になりだした頃、日帰りピストンの人と出会い話を聞くと出発は深夜3時!予定ではもう下山していたはずなのに・・・
小屋までは未だもうちょっとあるよと言われ「戻って一緒に泊まりますか」とお誘いしたけど下りますとお別れ
小屋は雨漏りがしていると噂もあったが、タイミングよく修理にあがって下さっていたようす
全てがいいタイミング
何とか5時過ぎにようやく今夜の宿に到着!雨漏りもなし!

IMG_20180324_171657.jpg
小屋に入ると、先着の2人・3人パーティーとTSペアー
雪を溶かしてお湯を沸かして待っていてくれた。温かいコーヒーを飲んで一服
今夜の泊りは9名
下は雪に囲まれた冷蔵庫だから2階で寝ましょうと詰めていただいたが、汗をかくほどの冬用シュラフ持参のYさんは1階へ
明日に備え皆さんがシュラフに潜っているのに、軟弱2人が担ぎ上げた鍋で宴会開始
眠りかけた皆さんも起こしてめざしで盛り上がり宴会は続く
4時起きの翌日のため9時前に就寝
小屋に着いてから降りだした雪は夜中あっわうぇええええええたよう・・明日天気が悪かったら宴会して下山か〜と考えながらウトウト・・・宴会中も息は白かったけどシュラフにくるまると暖かかった

5時出発をめざして4時起床。
心配しながらドアを開けると一面の星☆☆☆ 晴れるようだ
IMGP0003.JPG
今日はいよいよ滝とのご対面
朝日を浴びた景色は一段と輝きを増す
IMGP0012.JPG
重い荷物は小屋へ置いたままなので身軽だけどアップダウンを繰り返し・・
IMGP0015.JPGIMGP0024.JPG

ようやく 滝が見えた! あれ 小さい "遠い・・・・
IMGP0033.JPG
ここからさらに滝をめざし300メートルダウン
IMGP0029.JPG
IMGP0038.JPG
あれ でかい
IMGP0051.JPG
人が大きな器についた米粒みたい
IMGP0049.JPG
嬉しくなって、巨大壺に登る
IMGP0051.JPG 
壺の中
IMGP0055.JPG
壺の上
IMGP0075.JPG
IMGP0074.JPGIMGP0059.JPG壺の回りもまるで氷ノカーテン

ひとしきり取りつかれたように遊び 下ったところを登り返す
ようやく登って一服していると、スキーをはいた爽やかな男性が1人登ってきて
滝を見下ろすと次の瞬間ジャンプしたかと思ったら一瞬で滑り降りて行った
その後彼には小屋へ戻って下山準備をしている間に追い抜かれてしまった スキーおそるべし

急遽決まった山行だったが、偶然季節と天候にも恵まれ最高の雪山だった

IMGP0043.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 01:27| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

3月24日 福井県 嶺南地区 釣行

どうも久しぶりです。ダニ齋藤です。

すみません。

詳細は某所ってことでご勘弁ください。

【釣行日】 2018年3月24日(土)
【コース】 福井県嶺南地区
【参加者】 ダニー齋藤(L/記)クワちゃん
【天 候】  ええ天気。


春です。
渓に春が来ました。

KIMG0836.jpg


続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 12:32| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

2018年3月18日  不動岩(道場)

【場 所】 不動岩シアター(裏六甲・道場)
【月 日】 2018年3月18日(日)
【参加者】 谷崎(L) 宗川夫妻 槙野 米田(記)
【時 間】 8:30〜15:00
【天 候】 晴のち曇


初級者向けの岩場として最適である不動岩シアターで岩トレ。


マイちゃん 5.6
倦土重来  5.7
風薫る5月 5.7
いんちきカンテ5.6
バレンタインドリーム5.8
走れさっち 5.6


ビレイの練習、リードの練習・・外岩は怖いけど慣れと場数です。
各自、数本ずつトライし、それぞれに楽しませて貰いました。

s-P3180103.jpg

s-P3180105.jpg

s-P3180106.jpg

s-P3180108.jpg

s-P3180111.jpg
posted by 飄逸沢遊会 at 22:24| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年3月11日 ソドノ〜薮谷(鈴鹿)

【場 所】 ソドノ〜薮谷(鈴鹿)
【月 日】 2018年3月11日(日)
【参加者】 山本(L)佐野 宗川夫妻 米田(記)
【ルート】  登山口発230m6:55−高塚山730m8:15−
       ソドノ山頂926m9:47−908P10:50−
       薮谷峠12:00着12:34発−二俣3:11−
       8m滝13:40−林道終点15:47−
       ソドノへの谷出合15:53−薮谷林道入口16:42−
       17:02駐車地(赤い橋)着

【時 間】 10時間
【天 候】  晴

ソドノは鈴鹿・霊仙山の東方に位置する926mの独立峰。
訪れる者も少ないマイナーな山域である。
高津山からソドノへ登り、稜線を北上して薮谷峠へ至り、薮谷を
降渓するというバリエーションコース。

時山バンガロー村の赤い橋の手前のスペースに駐車し、
少し戻った車道沿いの階段からスタート!
植林の急登を10分で自然林の尾根に乗った。

約700mを3時間足らずで登りきりようやくソノド山頂
s-P3110058.jpg

残雪が残る山頂からは残雪の残る藤原岳や伊吹山がよく見えた。

残雪の伊吹山
s-P3110055.jpg
ソドノからは下りとなり、最初は自然林の稜線だが、やがてフェンス沿いを
伝うようになる。908Pへの登りは藪交じりでいやらしい。
夏はこの稜線はあきません。

ソドノを振り返る
s-P3110063.jpg

開けた平坦地908Pから薮谷峠へは難渋した。
残雪に覆われた檜の植林を登ったり下ったりして、しばらく彷徨い歩く。
ようやく西へ向かう痩せ尾根に乗ることが出来、薮谷峠に降り立つ。
この痩せ尾根の両側には林道が通じていて峠で合流していた。

薮谷峠
s-P3110069.jpg

薮谷峠からは南側の雪の急斜面に突入〜しばらくで水が流れだす。
峠から150mばかり支谷を降りて二俣(藪谷本流)に至る。

二俣
s-P3110078.jpg

8m滝は右岸の上部で5mばかりロープを出し、あとの10mはFIXロープを
伝って降りた。際どい巻き道も現れ、右に左に渡渉を繰り返しながら谷を下る。

8m滝は右岸より巻き降りる
s-P3110082.jpg

自然林の落葉に覆われた畦畔は美しく、流れも穏やかで薮谷のイメージとは
程遠い。降渓を開始して3時間余りで林道終点に達した(^^)
地道林道を小1時間歩いて薮谷林道入口に到着。

冬枯れの自然林の稜線と残雪、穏やかで美しい藪谷の流れと、実に変化に
富んだ面白いルートだった。


ソドノ⓶.jpg

ソドノB.jpg


山行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56700899.html
posted by 飄逸沢遊会 at 20:01| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

'18 山行一覧

posted by 飄逸沢遊会 at 23:32| 年別山行一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

2018年2月12日 イブネ・クラシ(鈴鹿)

【場 所】 イブネ・クラシ(鈴鹿)
【月 日】 2018年2月12日(日)
【参加者】 山本(L)佐野 米田(記)他1名
【ルート】 駐車地発7:04−千草街道ゲート発7:18−
      桜地蔵尊8:10−蓮如上人旧跡8:52−杉峠10:35−
      イブネ着11:42(イブネ発12:22)−
      ゲート着15:18 −駐車地着15:35
【時 間】 8時間半
【天 候】 曇時々晴

   
鈴鹿支部・山ちゃんの企画で3度目の雪の鈴鹿。

鈴鹿山脈の西方・愛知川左岸の山域たるイブネ・クラシ。
アプローチの林道歩きが1時間半以上もあり、その往復に
辟易したが、杉峠に乗ってからの尾根歩きはとても楽しいものだった。

雨乞山・綿向山・鎌ケ岳・御在所岳・・。
鈴鹿の奥座敷と呼ばれるだけあってイブネからの展望は素晴らしい!
厳冬期のイブネは無雪期より格段に美しかった。

杉峠
s-P2120042.jpg

s-P2120055.jpg

s-P2120073.jpg

s-P2120081.jpg

イブネより御在所岳〜広大な雪陵を眺めながらのランチ
s-P2120091.jpg

イブネより鎌尾根
s-P2120093.jpg

イブネより雨乞岳
s-P2120092.jpg

遠望のクラシ
s-P2120095.jpg



山行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56677475.html

posted by 飄逸沢遊会 at 22:00| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

2018年1月28日  天狗堂(鈴鹿)


【場 所】天狗堂(鈴鹿)
【月 日】2018年1月28日(日)
【参加者】山本(L)米田(記)
【ルート】君ケ畑P7:00発−稜線8:13−山頂広場11:54−展望岩12:07−
     山頂広場発12:33−大皇器地租神社着14:15−P14:25着
【時 間】7時間半
【天 候】曇


夏道ならば2時間で登れるという天狗堂は、
鈴鹿・御池岳の南西部に位置する988mの独立峰である。
s-天狗堂(鈴鹿).jpg

R421号線沿い、道の駅・奥永源寺渓流の里を6:00発。
御池川沿いに登って行き、政所・蛭谷を過ぎ、更に奥の君ヶ畑へ。
3日前に降った大雪の為、君ヶ畑集落の屋根には30p程も雪が
積もり、路肩も雪に埋もれている。

君ヶ畑の大皇器地租神社にて一礼し、右手の登山口から取り付く
s-P1280003.jpg

最初は膝まで埋まる雪だったが、尾根半ばで雪は腰まで埋まるようになる。
1時間余りで稜線に達した。稜線からはしばらくフェンス沿いを歩き、
植林帯の尾根を伝うようになる。

s-P1280008.jpg

やがて、自然林の森を登るに従い、雪は深くなっていく
s-P1280016.jpg

唯一見えた天狗堂の山頂
s-P1280013.jpg


円錐型の山頂直下は急斜面に加えて雪が深く、苦しいラッセルを強いられた。
ふわふわ新雪は踏んでも踏んでも崩れていき、足を上げることが出来ない。
Yさんは立木にストックの柄を引っ掛け腕力で登っていく。
FIXロープを過ぎると傾斜はやゝましになったが、相変わらず深い雪との格闘は
続いた。

s-P1280025.jpg

天狗堂山頂広場〜出発してから5時間!
s-P1280029.jpg

ストックの柄は凍りついてつるつるになつていた
s-P1280034.jpg

先に進み展望岩へ〜御池岳が見えた(^^)
s-P1280032.jpg

下山は滑り台を
転げ落ちるように降りていった。
天気は下り坂で、君ケ畑へ到着するころには雪が舞い始めた。


雪に埋もれ、雪でもがき、雪と格闘し、雪を堪能した。
久々に登りごたえのある面白い山行だった(^^)





山行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56668858.html





posted by 飄逸沢遊会 at 22:02| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

2018年1月14日 日本コバ(鈴鹿)

【月 日】2018年1月14日(日)
【場 所】日本コバ(鈴鹿)
【参加者】山本(L)佐野 宗川夫妻 足立 久保浦 米田(記)
【ルート】惟高親王御陵P8:00発−登山口8:08−盤石の丘9:12−
     政所道出合10:04−日本コバ山頂934m11:25着12:05発−
     政所道出合14:10−登山口14:10−駐車地14:17着
【時 間】6時間
【天 候】晴のち時々曇


八風街道R421号線、道の駅・永源寺渓流の里に集合。

手前の政所郵便局まで戻り、R34号線を御池川沿いに進む。
木地師の集落を過ぎ、前夜に降った雪が5pほど積もった林道を
恐る恐る登って行き、筒井峠・惟高親王御陵前の広場に駐車する。

林道を5分程戻ると、階段状の円形スタジアムが現れた。
右手から取り付き登って行くと、上部で大山谷林道に合流し、
約1時間で盤石の丘に出ることが出来た。

s-P1140005.jpg

盤石の丘
s-P1140012.jpg

林道終点よりは右手へとると、尾根の入口があった。
急斜面を5分も登ると政所道との出合
s-P1140015.jpg

穏やかな樹林帯のUP・DOWNを繰り返すが、いつしかテープは途絶えていた。
どうやら左手への分岐を見逃したようである。(下山時に確認したが、分岐は
非常に解り難かった)尾根を下り、渡渉を繰り返し、小尾根を登り、ようやく
主稜線に乗った。稜線から一登りで山頂。

s-P1140023.jpg

s-P1140027.jpg

s-P1140030.jpg

下山は北北東方向へテープを伝い、
もと来た大山谷林道を下り降りた。

s-P1140044.jpg

お天気とメンバーに恵まれ、新雪のスノーハイキングを楽しめた(^^)

日本コバ1.jpg

日本コバ2.jpg



山行記録へ→ https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56654272.html
posted by 飄逸沢遊会 at 22:37| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

2018年1月3日 天女の舞(大峰)

【月 日】 2018年1月3日(水)
【場 所】 天女の舞(奈良県天川村)
【参加者】 山口 宗川夫妻 足立 林 米田(記) 他1名
【ルート】 熊渡7:23発−金引橋8:00−カナビキ尾根−稜線登山道9:49−
     1518P10:29−天女の舞10:40−(往路を戻る)−熊渡13:37着
【時 間】 6時間
【天 候】 曇時々吹雪

道の駅黒滝にて集合。
荒れ模様の天候であるので、場所の変更も検討したが、
とりあえず行けるところまで行ってみようということになる。

熊渡の橋前のスペースには先行車がすでに3台駐車。
うち1台は今朝の駐車らしく、先行者のトレースが期待できそう。
7名3台を何とかギリギリで駐車した。
雪は全くない〜山上はガスってて天気悪そうだ。

7:23、熊渡発
s-P1030013.jpg

7:56、弥山川への入口(林道が降りてきている地点)
7:58、40分で金引橋、山口さんトップで結構なハイペース。
     まだ雪は積もっていない。

橋を過ぎるとカナビキ尾根の急登が始まる。
最初はジグザグ道で登り、尾根に乗った開けたところでアイゼンを装着した。
夏道とは違い、尾根芯を忠実に伝う。(ピンクのテープが続いていた)
カナビキ谷源頭部で最後の急登をこなし、

9:49、1450m 稜線登山道に乗った〜ここでワカンを装着 
s-P1030024.jpg  

10:29、1518P〜北西方向へ下って行くと、右手下に開けた尾根が現れた。

s-P1030027.jpg

s-P1030031.jpg

10:40、天女の舞
s-P1030046.jpg


ガスに覆われ展望なし。
強風の中、昼食を摂るが、ポットのお湯が
みるみる内に冷めていく。
寒さで髪に氷がへばりつき樹氷状態!


さらに、ダニー斉藤も真っ青!
バリバリに氷結したタオルを被って気持ちいいわ〜と、のたまうス―パーお母さん
s-P1030039.jpg

s-P1030043.jpg

11:22、天女の舞を後にする。
下山はあっという間。

s-P1030058.jpg

11:41、登山道のカナビキ尾根への分岐地点
s-P1030057.jpg



下山時、カナビキ尾根では強風の為、行きのトレースが消えていたところもあった。

12:57、金引橋〜僅かな間に、雪が降り積もっていた。

13:37、熊渡着〜フロントガラスに氷が張りついていた。(><)



s-天女の舞(大峰).jpg


山行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56642200.html

posted by 飄逸沢遊会 at 23:25| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする