2017年08月28日

板取川 川浦谷 本谷

[遡行日] 2017年8月27日(日)
[コース] 一つ目の橋から入渓(8:00)-穴の空いた岩(9:30)-二つ目の橋の下(12:00)-ゴルジュ降渓し林道へ(13:00)
[参加者] 斉藤正太 源蔵 幕内弟(L/記)
[天 候] 晴れ

すごいゴルジュでした。
沢中より名神の渋滞がきつかった。
RIMG1563.JPG
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 09:03| Comment(1) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

中奧川戸倉谷&下多古ゴルジュ

2017年8月27日(日)参加者 k谷 k藤 nヘル t崎(記)
前日、蜻蛉公園前泊。
久しぶりの星と月を愛でた、暑い大阪を離れて涼しくなった(寒くなった、ダウンはおる)川上村。

7時半 戸倉谷出合い〜 10時半 吊橋〜 モノラックのレールを伝って 11時半 林道へ

ts1.jpeg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 20:12| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

2017年8月20日  田岡谷(大峰)

【参加者】 吉田(L)  米田(記)
【ルート】 田岡谷出合発7:39−最初の10m滝7:47−
     4m斜瀑8:10−美しい30m滝8:33−滝多数−
     二俣12:32着・12:48発−下山尾根に乗る13:52−
     車道着14:54
【天 候】 晴

中滝・小滝が次々と現れ、応接に忙しい楽しい谷。
巻きは渋く簡明ではない。
滝登攀や巻きのルート取りの練習には最適で、
中・上級者向けの谷です。

出合
s-P8200002.jpg
続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:51| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

黒蔵谷 南紀

[遡行日] 2017年8月19日(土)〜20日(日)
[コース] 黒蔵谷出合(8:40)-大滝(14:30)-テン場(17:45) テン場(7:30)-林道(9:20)-デポ地(11:20)
[参加者] 山口 幕内弟(L/記)
[天 候] 晴れ

泳ぎ・登攀・大滝が大好きなバランスで配置された秀渓。
行ってください。
ほんとうに良い沢です。
IMG_8403.JPG

続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 09:54| Comment(1) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

早出川杉川(新潟県)

8月11日大阪発12日〜14日、杉川 メンバー大西・斉藤智・澤崎

1502778604540.jpg

12日林道終点駐車地までの橋から濁りの入った本流が目に入る。続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 21:54| Comment(1) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

2017年8月12日〜13日  光谷(台高)

【参加者】  吉田(L)宗川夫妻 西田 源蔵 木村 秋山 他1名 米田(記)
【ルート】 
       8月12日
        
       白倉林道ゲート前(清五郎橋)発8:06−二俣発9:15−3段40m滝
       10:00−末広30m滝13:00−10m滝落口で撤退15:00−左岸尾根−
       二俣着16:40(幕営)

       8月13日
    
       二俣−白倉林道ゲート前(清五郎橋)8:35−清五郎滝9:29
       −左岸尾根−ゲート前

【天 候】  晴

銚子川水系・光谷右俣を溯行してきた。

9名と多人数の為、登攀と懸垂下降に時間がかかり、
光滝を観ずに残念ながら途中撤退となる。
だが、明るいうちに降りてきて泊適地の二俣でゆっくりと過ごせた。

そして翌日は 清五郎滝100mを見物することが出来た。
雄大な清五郎滝と銚子川の美しい流れを観ることが出来、
はるばるやってきて良かったと思った。

しかし、帰路に銚子川沿いにびっしりと隙間なく駐車している車の台数は凄かった。
恐らく数千人の家族連れが入水しているのだろう。
こんなに澄んだコバルトブルーの川は大峰・台高にもないだろうね。

ついでに、帰りに食べた道の駅・海山 のマグロ丼(850円)のマグロが
めちゃ美味!


白倉林道ゲート(清五郎橋の袂)
s-P8120002.jpg

3段40m滝〜右岸のガリーより登攀し大巻き、懸垂3回で谷に下る
s-P8120022.jpg

大釜からの右岸巻きでどんどん上に登らされる
s-P8120041.jpg

末広30m滝・釜をへつると大きな蛇に遭遇〜左岸から巻く
s-P8120046.jpg

10m滝〜右岸から大巻きし、懸垂3回で谷に下るが、すでに3時
s-P8120053.jpg


s-P8120061.jpg

清五郎滝見物へ〜不動谷は巨岩を縫うボルダー登攀
s-P8130077.jpg

清五郎滝100m
s-P8130084.jpg

s-P8130101.jpg








溯行記録へ→ https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56514512.html

posted by 飄逸沢遊会 at 22:57| Comment(3) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

清閑瀞

8月6日(日)  参加者 k谷 m川夫妻 y中 他1名 t崎(記) 

 滝本北谷出合いに駐車したとたん、
『本日8時15分より原爆慰霊のサイレンが鳴ります。』の村中放送!? 
 で、サイレントともに黙祷をして入渓。

人間カヤックといったところか。
プカプカ、けつはゴンゴンと流されました。se2.jpeg  se3.jpeg
早瀬では足を突っ張り岩を確認して尻でよけ、水に突っ込む。
淵では流れに身を任せ、見上げれば、木々が、空が、流れていく。
至福の一時です。
se4.jpeg  se5.jpeg  
se6.jpeg  se7.jpeg 
se8.jpeg  se13.jpeg 
11時、昼食を兼ねた、たき火休憩。
se9.jpeg  se10.jpeg 
 後半からは長瀞、ナメ床の瀬も出てきて、その美しさは絶品。
両岸を岩壁に囲まれたカーブの淵は、突然沢の音が消え、自分のかく水音だけの世界。
se11.jpeg
最後には45mの大滝も。
途中で雨が降り出し、川面に雨粒の嵐、映画のワンシーンのようでした。
16時、駐車地点に到着。

水量も多く、甘い水で、新たな魅力満載の沢でした。

同行の皆様、お疲れ様でした。

Ps、果敢に沢を攻める方は、けつ当てがあったほうがいいですよ。
posted by 飄逸沢遊会 at 20:23| Comment(1) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

葛川 本流

[遡行日] 2017年8月6日(日)
[コース] 東野トンネル西口(7:30)-大渡の橋(12:20)-二の滝(14:20)-下葛川(15:20)
[参加者] 山口 幕内兄 幕内弟(L/記)
[天 候] 晴れ時々曇り


先週の旭の川は泳ぎが無かったけど、今回はイヤっちゅうほど泳ぎました。
なんとなく粘り気のある泡っぽい水でした。
ちょっと苔臭かった。
RIMG1474.jpg




続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 11:07| Comment(2) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

2017年7月30日 旭ノ川本流(大峰)

【参加者】 幕内(L)山口 吉田 ダニー斉藤 宗川夫妻 大保 西田 桑原 源蔵 
      林 幕内、木村 米田(記)

【ルート】 トロゴボウ谷出合手前(吊橋)より入渓7:48−二重滝9:06−
      おにぎり岩9:25− 不動小屋谷10:04−長渕10:25−
      引木滝11:01−吊橋11:30−林道12:41−車デポ地点13:30
【時 間】  6時間
【天 候】  曇のち時雨のち晴
【集合場所】 旭エレハウス(トイレは使用不能)

総勢14名で真夏の水遊び。
水量は至って少なく〜水は冷たくない!

祝!快気溯行
s-P7300006.jpg

s-P7300014.jpg

s-P7300021.jpgs-P7300022.jpg

おにぎり岩〜雨が降り出した
s-P7300040.jpg

虻に追われて
s-P7300060.jpg

s-P7300084.jpg

s-P7300048.jpg

長渕50mは土砂に埋もれ歩いて通過出来た
泳ぐ処なし(><)


引木滝5m
s-P7300083.jpg

中ノ川出合の滝(吊橋の下)
s-P7300090.jpg

左岸林道がすぐ上に見えているが、傾斜がきつく取り付けない。
立った泥壁にロープを張りブルージック登攀でようやく林道に辿り着いた。
車デポ地点まで30分余りの灼熱の林道歩きが今回の核心だったかも・・。



溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56506979.html






posted by 飄逸沢遊会 at 23:04| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

白倉又谷7月4日の続き

7月25日、白倉又谷 メンバー西田・大西・武田
前回は5名でしたが今回は仕事の都合上3名になりました。
前回枝谷の合流点を右岸高巻き終了点から少し踏み跡をトラバースし滝上に出るも2段の連瀑で少し上部に降りるが大きな長渕がありその上に結構斜度の有るナメ滝が落ちる(下に降りて遊びたかったが今回は武田氏がこのまま簡単に巻けるので降りず、残念!)右岸をそのまま進みナメ滝落ち口にでる。
その先すぐで大岩が被さる綺麗な場所だが蜘蛛の巣が多く早く抜けると綺麗な小滝に綺麗な小釜(60CM程の落差で深さ2M程だが底は岩盤で砂利等は一切なくすごく綺麗な水中でした)で少し遊び今回の白倉又谷を充分に満喫した。(水は思っていたより冷たかった)
すぐ上部でもやっている場所が有り右岸から谷が湧き水で流れている。(冷気でもやってた)谷の上部岩盤基部にもモヤが有り気になるがそのまま進み馬の鞍谷出会(水温も上がり両谷共に藻が発生してる)から馬の鞍谷に少し進み、出会に戻り本谷左岸のルンぜより巻くと落ち口に出る踏み跡を辿ると30M滝に出る左岸より踏み跡を辿り滝上に出て今回は終了下山する。
1501161454021.jpg続きを読む
posted by 飄逸沢遊会 at 22:17| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする